129件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

脂肪幹細胞を使った再生医療で、一つは肝硬変を対象としたものが臨床試験段階、重症心不全を対象としたものが基礎研究段階にある。 このうち、肝硬変を対象とした他家脂肪組織由来幹細胞製剤の臨...

新潟大学と共同で肝硬変を対象に再生医療の治験を始める。

ロート製薬と新潟大学の寺井崇二教授は27日、肝硬変を対象とした他家脂肪組織由来幹細胞製剤「ADR―001」の治験を始めると発表した。... 治験はC型肝炎か非アルコール性脂肪肝炎(NASH&#...

確立された治療法はなく、肝硬変や肝細胞がんに至る事例もある。

不撓不屈/アステム(2)会社再建に奔走 (2017/1/25 中小企業・地域経済1)

肝硬変による多臓器不全。

ロート製薬など、間葉系幹細胞の自動培養システム開発 (2017/1/23 素材・ヘルスケア・環境)

ロートリサーチビレッジ京都(京都府木津川市)に設置し、自社で開発する肝硬変治療用の間葉系幹細胞などの治験に活用する。

インフルエンザワクチンや肝硬変治療薬の治験も外部との提携で加速し、伸び悩む主力の電子部品事業を補う。

供与するのは同社が山口大学と共同で研究している肝硬変患者向けの自己骨髄細胞投与療法(ABMi療法)で、肝硬変患者の自己骨髄液に含まれている骨髄由来の幹細胞を再投与する技術。... カン...

ユーグレナ、脂肪肝の線維化を抑制 (2016/12/13 ヘルスケア)

肝硬変や肝臓がんの発症につながる恐れのあるNASHは、確立された治療法がない。

MSD、2剤併用のC型肝炎治療薬 (2016/11/29 ヘルスケア)

ジェノタイプ1型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効能・効果とし、両剤を1日1回12週間併用する。

ヒトの肝細胞から肝前駆細胞を作り、肝臓がんや肝硬変の患者に移植する治療法の開発につながる可能性があるという。

特に山口大とは肝硬変治療の再生医療での臨床研究を行っている。

山田邦雄ロート製薬会長は「まずは肝硬変に応用し、17年度にも企業主導によるヒト脂肪由来幹細胞の臨床試験を始め、19年度の実用化を目指す」方針。

NASHは肝硬変や肝がんの原因の一つと考えられており、治療薬の開発が求められている。

慢性肝炎だけでは命に関わることはありませんが、放っておくと10―30年の経過で肝硬変、肝臓がんへと進行します。

肝硬変治療用核酸医薬の開発も18年の実用化を目指している。16年度(17年3月期)中に肺線維症用の治験開始を申請する予定で、肝硬変用の実績を生かして19年にも実用化したい」 &...

対象となるのは脳卒中のほか、急性心筋梗塞、糖尿病、高血圧性疾患、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎。

肝硬変や肺線維症などの適応症を想定している。

日東電工は米国カリフォルニア州サンディエゴ市に、肝硬変治療用などの核酸医薬品を開発する100%子会社「Nittoバイオファーマ」を設立した。... 同社が臨床試験を進める治療薬は2015年、C...

育成事業では新型ネオジム磁石を開発し、肝硬変治療薬も米国食品医薬品局(FDA)から優先承認審査制度の指定を得た。... ANTは3年の期間で見れば肝硬変治療薬が市場規模も大きく最も有望...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン