383件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

遠隔地の人の体験共有 凸版、触覚技術を活用 (2019/10/2 電機・電子部品・情報・通信2)

凸版印刷は、ハプティクス(触覚技術)を活用して、離れた場所にいる人が見ている風景やその場の雰囲気を共有できる「IoAネック=写真」を開発した。

中小機構中部、来月17日にビジネスプラン発表会 (2019/9/17 中小企業・地域経済1)

仮想現実(VR)を活用した触覚教育システムのイクスアール(名古屋市中村区)など中小企業12社が製品や技術を紹介。

製品化に向けては、音声操作や触覚機器を通じて操作ができる機能の搭載も検討する。

触覚を通してVR空間に主体的に関わるには、そのためのデバイスが必要だ。 ... 前回述べたとおり、14年創業のexiiiは元々、安価でスタイリッシュな筋電義手を開発していたが、途中で...

複雑な形状を覆えて、高い分解能を持つ安価な触覚センサーはなかった。

JR東日本スタートアップ、ピクシーダストテクノと提携 (2019/8/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

PDTは音や光などの波動を制御して、視覚・聴覚・触覚に作用する技術やデバイス、サービスを開発している。

九州工業大学の池本周平准教授と大阪大学の大原賢一朗大学院生らは、空気圧変化を利用する平面触覚センサーを開発した。... 風船のような身体をもつソフトロボットの触覚センサーに提案していく。 &#...

ロボットの目や手が、人間が装着した仮想現実(VR)対応のヘッドマウントディスプレーや、触覚デバイスを搭載したグローブと連動している。

人工筋肉チューブはゆっくりと絞める力に加えて、空気圧を振動させれば特定の場所を触られる触覚を提示できる。

AIで人の視覚や触覚に当たるセンサー機能をより使いやすくし、ばら積み部品の取り出し、部品の組み付けといった複雑な設定が必要な作業にも、容易に対応できる技術や使い方を想定する。

大成建、細胞培養システム試作 ピペット遠隔操作 (2019/7/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

試作システムは液体秤量作業で実績のある力触覚伝達型遠隔操作システムを、ピペット操作に応用した。

金型や自動車ボディー表面の傷やへこみなど、触覚検査では専門の職人を訓練してきた。... 触覚の計測方法も整えたため、今後なぞり検査をロボット化していく。 ... 触覚を鍛えた職人が検...

レストランやホテルなどで使う協働ロボットを共同で開発するほか、豊田合成は触覚を備えたロボットハンドの拡販を狙う。... 豊田合成は電気の力で伸縮する独自のゴム素材「eラバー」を用い、触覚を備えたロボッ...

豊田合成は同社独自のゴム素材「eラバー」の用途を拡大し、触覚・力デバイス市場に参入する。... 豊田合成、誘電ゴムの用途拡大 ロボ・医療・VRに展開 豊田合成は触覚・力デバイス市場に...

腹腔(ふくくう)鏡手術に使用するSenhanceは、触覚フィードバック制御やアイセンシング・カメラ制御などの機能を備え、ロボット手術の精度を高める。

ヒトの視覚や聴覚、触覚とコンピューターが処理した情報をつなぐインターフェースを開発する。超音波スピーカーや触覚提示技術などの要素技術を数十個保有しており、現場課題に合わせて組み上げて提供する。 ...

電子部品各社が車載機器やウエアラブル機器向けなどに圧電素子を使ったハプティック(触覚)デバイスの開発を活発化している。4―5年程度で成長が期待される触覚デバイス市場に対し、革新的な技術を求める顧客を取...

触覚には、高級感のある質感のマイクロファイバースエードの内装材。

TDK、米社と共同販促 (2019/5/14 電機・電子部品・情報・通信1)

TDKは独子会社のTDKエレクトロニクス(ミュンヘン市)を通じて、ハプティクス(触覚)技術を持つ米イマージョン(カリフォルニア州)と共同マーケティング契約を締結した。今後、成長が期待できるハプティック...

生体情報センシング部門では生体通信ネットワークなどを用いて脳波や心電、触覚などの実測値を得る。

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる