1,008件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

豊田自動織機を源流とするトヨタ自動車は1937年の創業以来、主に事業や機能の分離・独立をベースにグループ企業を広げてきた。... 18年以降は主要な電子部品事業をデンソーに、アフリ...

資本金は生産設備の費用を除いて4億6800万ドル(約530億円)で、出資比率は米トヨタモーターノースアメリカ(TMNA)が90%、豊田通商が10%。

協力企業名一覧(順不同) 十六FG、DMG森精機、DOWAHD、DTS、ENEOSHD、FUJI、GMB、IDEC、IHI、INPEX、J.フロントリテイリン...

担当課長として注力したアフリカ・中東の知見も豊田通商で生かしたいと張り切る。... 【略歴】おかだ・こうへい=88年(昭63)東大法卒、同年通商産業省(現経産省)...

スズキは24日、インド子会社のマルチ・スズキ・インディア(ニューデリー市)と豊田通商などの合弁会社で自動車リサイクルを行う「マルチ・スズキ・トヨツー・インディア」&...

また、市中では半導体などの部品供給網の混乱の長期化も懸念され、「企業グループ内で在庫を二重に持たないようにすることが重要だ」(豊田通商の岩本秀之取締役最高財務責任者〈CFO〉)との声が...

豊田通商は2030年までの10年間で総額3兆―3兆5000億円を新規事業に投資する。

市中では「商品市況が落ち着つかないと、メーカーが価格転嫁できず業績が厳しくなり、世界経済には良くない」(豊田通商の岩本秀之取締役最高財務責任者〈CFO〉)と見る向きがある。

丸紅や双日、豊田通商も22年3月期連結業績予想を上方修正している。

豊田通商は4日、脱炭素に向け2030年までに1兆6000億円規模を投資すると発表した。

豊田通商がアフリカのベンチャーへ相次ぎ出資している。MaaS(乗り物のサービス化)やフィンテック(金融とITの融合)などの分野でベンチャーの技術と豊...

横河SOL、セネガルで配水管理システム受注 来年初着工 (2021/10/26 機械・ロボット・航空機2)

横河ソリューションサービス(東京都武蔵野市、八橋弘昌社長)と豊田通商は、セネガル国営水道公社からダカール州における配水管理システムを受注した。

第17回 企業力ランキング (2021/10/25 深層断面)

※ROEは株主資本当期利益率、ROAは総資産当期利益率、EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシャフロー 「第...

米国の電池生産会社の出資比率は、トヨタの北米統括会社であるトヨタモーターノースアメリカ(TMNA)が90%、豊田通商が10%。

豊田通商は、西アフリカで物流デジタルプラットフォーム(基盤)事業を手がけるモーリシャスのベンチャー「カムタールインターナショナル」に出資した。... 豊田...

バイオ燃料、国内に供給網 カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け再生可能エネルギーや水素・アンモニアへの注目が集まる中...

豊田通商は5日、欧州ガス・電力大手の独ユニパーなどと共同で英イミンガム港で水素を活用した港湾の脱炭素化プロジェクトを始めたと発表した。... 豊田通商英国法人と独ユニパー、エネルギー大手の独...

トヨタ自動車の電池子会社であるプライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES、東京都中央区、好田博昭社長)、豊田通商、オーストラリアの資源会社BHPは4日、環境負荷の低...

豊田通商米国法人の豊田通商アメリカは、米国でアルミニウムリサイクル会社の事業を開始した。

豊田通商はスロベニアに金融会社「トヨタツウショウリーシング(TTL)」を設立し、同国で自動車販売金融事業を始めた。... 豊田通商は同国での車両販売に加え、リース契約などを提...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる