1,643件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

三井住友信託銀行は銀行業務、資産運用や証券代行などの信託業務、不動産事業を手がける。

制度のメリットを伝え、資産形成をサポートしたい」と意気込む。 11月には企業型DC加入者向けに、スマホ用資産運用アプリ「つみたてナビ」を始める。ロボアドバイザーを搭載し、リアルタイム...

執行役員スタンコープ担当 新宅大作氏 【横顔】資産運用部門の部長を歴任し、資産運用手法の高度化を推進。... 執行役員特定保険商品運用部長 植田剛生氏 【横顔】資産...

執行役員海外営業担当 平松剛氏 【横顔】国内外で運用や営業などを経験。思い描く資産運用業としての社会的責任を果たしたいという。... 執行役員プロダクト担当 久米川一哉氏 &...

富裕層が資産管理で当てにするのはメガバンクや大手証券で、「我々はアセット(預かり資産)が足りない。... KDDIを通じて口座を開設した顧客には一定数の富裕層を見込めるため、資産運用などを後押しする戦...

資産運用会社の米RMBキャピタルは、同社による三陽商会株主総会への株主提案が約3割の支持を得たと発表した。

また資産運用に関するコンサルティングやアドバイスなどのサービスを提供する。... 新たな資産運用サービスの提供に向けモデル・ポートフォリオを作成し、それに合わせて顧客が選べるようにする。... モデル...

同社は次期中期経営計画の成長戦略として今後10年を見据えた資産運用「大」改革を推進する。「業界最優の資産運用の実現という大きなビジョン」と説明する。

相続、資産運用、住宅ローンなどの相談内容をリアルタイムに分析して顧客ごとに最適な提案をできる体制にする。

我々にない資産運用商品を当行の取引先に提供したい。

グループの資産運用会社、りそなアセットマネジメント(東京都江東区)は金融庁による機関投資家の行動指針「スチュワードシップ・コード」に基づき、投資先とその事業についてSDGsにのっとって対話し、「スチュ...

三井住友フィナンシャルグループは2022年度までの3年間で、三井住友銀行の国内店舗の約7割に当たる300店について、資産運用など個人コンサルティング業務に重点を置く「軽量店舗」にする計画をまとめた。

各社は新型コロナウイルスの影響で、資産運用益の減少や海外を中心に一定程度の保険金支払いが生じると想定。... これに加え、国内外の資産運用利益の減少を約600億円見込む。

10年運用リスク管理室長、12年ニッセイアセットマネジメント取締役執行役員、17年ストラクチャードファイナンス営業部長、18年融資総務部長。... 執行役員財務企画部長 岡本慎一氏 ...

米大手金融機関などが出資する新興の証券取引所「メンバーズ取引所」は、資産運用大手ブラックロックや金融大手ウェルズ・ファーゴなど5社から出資を受け入れた。

提携先の営業網を通じて、顧客からの預かり資産の増加につなげることを目指す。 ... これにより信金の顧客に証券総合口座を開設してもらい、資産運用などのニーズを取り込む。 &#...

富裕層の顧客基盤を生かし、資産を将来的に相続する40―50代を中心に開拓する戦略だ。... 口座の開設前でも資産運用などに結びつくニーズへの対応が必要なためだ。 顧客の多くを占める富...

(増重直樹) 新型コロナ長期化でシナリオ崩壊も 国内主要生命保険9社の20年度資産運用方針が出そろった。新型コロナウイルスを念頭に置く運用方針が...

CTC、GPIFに基盤提供 金融指数収集・分析 (2020/4/24 機械・航空機・電機・電子部品・情報・通信)

GPIFは同基盤で資産運用の基準となるインデックス情報の本格収集を行う。 GPIFは、厚生労働相から寄託された年金積立金の管理・運用を手がける。GPIFでは東証株価指数や日経平均株価...

店舗は必要最小限の人数で運営し、平日15―20時の資産運用などの相談業務は休止した。 ... 平日17―18時と休日の資産運用相談を休止。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる