162件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

米サンシリオ、臨床試験で結果良好 (2017/11/16 ヘルスケア)

特殊医薬品会社の米サンシリオ・ファーマシューティカルズ・カンパニーは小児鎌状赤血球症治療薬「アルテミア」の臨床試験で、良好な結果を達成したと発表した。鎌状赤血球症は、血球膜の脂肪酸の不均衡に起因する遺...

京都大学iPS細胞研究所の人見浩史研究員(香川大学医学部准教授)と長船健二教授、香川大医学部の西山成教授らは、赤血球の産生を促進する因子の「エリスロポエチン」(EPO)の産生細胞を...

経口薬登場、治癒へ総力戦 血液がんの一種である多発性骨髄腫は免疫系や赤血球数に影響を与え、倦怠(けんたい)感や貧血といった症状を伴うことが多い。

ロボットは小型化が進み、将来的には赤血球程度の大きさの自己複製化の機能を備えたナノボットになり、人の体内で細胞を修復したり、健康に必要な情報を脳に伝達したり、また脳と連携することで裸眼でVR(仮想現実...

同社はカンザス州立大に骨髄液を無菌空間で赤血球などと分離するアイソレーターシステムを2017年に納入、山口大学も医師を派遣する。

「認知症は握力、骨密度、赤血球数などと相関するが男女差がある」といった新たな知見が得られた。

ノバルティスが21日発表した資料によれば、オクラホマ州オクラホマシティーに本社を置く非上場のセレクシスは、試験薬「SelG1」が鎌状赤血球病の合併症を抱える患者への治療に有効であることを示す有望な試験...

さらに酸素を運ぶたんぱく質「ヘモグロビン」をイヌ血清アルブミンで包んだ製剤「ヘモアクトC」を調製し、赤血球の代わりとなることを確認した。

JT、腎性貧血薬を韓国企業に供与 (2016/10/20 ヘルスケア)

JTZ−951は赤血球の産生を高める薬剤で、現在、日本では第2相臨床試験の段階にある。

哺乳類の赤血球細胞は糖鎖の構造によってABO式血液型として識別化されており、がんやES細胞(胚性幹細胞)/iPS細胞(人工多能性幹細胞)にも特徴的な糖鎖構造が出現するなど重要な細胞の顔となっている。

構造的に赤血球が壊れにくく、血小板の減少も抑えられる。

【神戸】シスメックスは尿中に表れる赤血球、白血球、細菌などを分類、計測する尿沈渣(ちんさ)検査で、再検査が必要な検体を撮像し、検体内に含まれる有形成分を画面に表示する「全自動尿中有形成分撮像ユニット ...

東京大学医科学研究所の山崎聡助教と中内啓光教授らは、赤血球など血液を構成する細胞の基となる「造血幹細胞」が骨髄のどの場所にあるかを検出する手法を開発した。

腫瘍治療薬開発の仏バイオ製薬企業エリテック・ファーマは同社の急性骨髄性白血病(AML)治療薬「グラスパ(赤血球封入アスパラギナーゼ)」を検討する第2b相試験「ENFORCE 1」について、第3回安全性...

MLLキメラは、遺伝子の発現能力が高く白血球や赤血球になる前駆細胞が異常増殖し、骨髄内部を埋め尽くすことによって白血病が発症する。

酸素を運ぶ役割を担うたんぱく質「ヘモグロビン」をイヌ由来のたんぱく質で包んだ直径8ナノメートル(ナノは10億分の1)の複合体を作製し、血液中に含まれる赤血球の代替物として機能することを明らかにした。....

直径250ナノメートル(ナノは10億分の1)の人工赤血球を使い、ラットの母体の胎盤や胎児の低酸素状態を改善し、胎児が発育できることを確認した。 ... 使われずに廃棄される赤血球製剤...

東北大学大学院医学系研究科の鈴木未来子(みきこ)講師や山本雅之教授らは、酸素を運ぶ役割を持つ血液中の赤血球が血管内で鎌状に変化して血管が詰まり、臓器に障害を及ぼす「鎌状赤血球症」の治療薬の候補化合物を...

赤血球、白血球、細菌といった尿中の有形成分に照射するレーザー光に青色を採用。

こうした指針のもとで1998年からは赤血球などの血球成分と、炎症の指標となるたんぱく質を同時測定できる装置を診療所や小児病院向けに投入している。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる