77件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

京都大学発電気自動車(EV)ベンチャーのGLMは20日、独ロバート・ボッシュと提携し、EV用車両制御ユニット(VCU)を共同開発すると発表した。GLMは2019年に量産するEVスーパーカー「GLM G...

独ZFフリードリヒスハーフェンはドライバーの安全運転を促す車両制御技術を開発し同技術を搭載した試験車両を公開した。... 音や車載ディスプレーによる警告、シートベルトの引き締めといった安全運転を促す機...

JR東海は2020年度に東海道新幹線に投入する新型車両「N700S」の開発を進める。... 総合技術本部技術開発部の佐藤賢司車両制御チームマネージャーは「さらに軽量化できる」と限界まで挑戦する考えだ。...

「産業機械・造船・車両」も約60%の企業が「増やす」と答えた。  ... ■研究開発費のおもな増減理由 【カッコ内の数字は前年度比増減率】 〈三井...

蓄電池で走行する車両や次世代半導体材料を使った車両が、環境負荷の低減に向けて発車する準備を進めている。... 西鉄/制御装置に次世代半導体 西日本鉄道は17年3月、福岡市と福岡県南部...

現地の既存工場内に生産ラインを新設し、まず電力変換装置と車両制御情報システムを生産する。... 電力変換装置と車両制御情報システムの生産ラインを1本ずつ立ち上げ、17年4月から製造を始める計画。......

米ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーは、自動運転車両向けのコンセプトタイヤ2種を公開した。 ... 全ての方向に移動できるほか、埋め込みセンサーが車両制御システムに...

また「五輪需要などに向けたビルオートメーション(BA)製品の開発」(アズビル)、「ネットワークをソフトウエアで制御する先進技術『SDN』などの注力領域での投資増」(NEC)、「刈谷工場の新棟増設」(ブ...

先進運転支援システム(ADAS)など自動車の運転支援を目的にした画像・空間認識や車両制御などの要素技術開発を進める。... 今後は車両を走行させる実験スペースも確保する。

車両制御用システム向けでも多種多様なセンサーや電子制御ユニットなどを展開。... 加えて、ADASに必要とされる前方車両との車車間距離などを測定するミリ波レーダーの開発にも取り組んでいる。 &...

情報機器のデータを処理するLSIや、制御マイコンなど既存の主力製品を海外で拡販するほか、アナログ半導体の品ぞろえを拡充する。... ルネサスは、情報処理と車両制御の双方の半導体を手がける。... また...

列車の速度を検出し、各車両制御装置に信号を伝える重要な部品だ。シンフォニアは中国政府系の鉄道車両メーカーが製造する高速鉄道向けで約50%のシェアを握っていると見られる。

待遇面でも頑張った人に報いるようメリハリをつけていく」 【ルネサスとKDDI、不正な制御信号を車内外から阻止するマイコン開発】 ルネサスエレクト...

北九州市若松区には画像・空間認識、車両制御などの要素技術開発を行う拠点を12月に設置する。... デンソーは東京都港区に環境、安心・安全技術の電子制御に使われる車載半導体の回路設計・開発拠点を開設した...

R&Dアンケート (2014/7/25)

最も伸び率の高いのは「産業機械・造船・車両」。... 業種別では電機・機械系で推薦が多く、総合電機・重電は7社中全社、コンピューター・通信機器が7社中6社、家電・部品が13社中11社、産業機械・造船・...

セイコーエプソンは車両制御用水晶デバイスの量産を6月をめどに始める。自動車の横滑り防止装置などに搭載されるセンサーで、同社が車両制御用の水晶デバイスを量産するのは初めて。... ジャイロセンサーのほか...

車両販売後もサービスを継続することで「売り切り型」のビジネスから転換し、新車市場が低迷する国内で顧客の囲い込みや新規開拓につなげる。... 同社は最新の環境規制対応車に運行情報を蓄積する車両制御コンピ...

歩行者―自動車間や、自動車同士の通信により事故を防止するシステムのほか、道路データを通信で取得し車両制御を高度化するシステムも開発する。... 開発テーマは、(1)歩行者と自動車の通信による事故防止(...

【車載】 ■電子部品/電子制御高度化で需要増 自動車の開発テーマは燃費向上と電子制御の高度化。... 障害物との衝突を防ぐ超音波センサーや車両接近通報装置などをグロ...

QMEMS技術と半導体製造技術を製品開発に生かせるのが強みで、新規参入した自動車の車両制御機器向けはすでにメーカー2社で採用が決まるなど順調な滑り出し。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる