273件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

キーワード/テニュアトラック (2019/3/7 大学・産学連携)

運営費交付金が減る中で「能力を見極める前に無期雇用の決定はできない」と考えるからだ。

大学の運営・教育と研究の一体的な改革が、国立大学を中心に本格化してきた。... 運営費交付金の削減と競争的研究費の増大は同時に進んだが、基本的に別の観点での施策だった。 ... 20...

さらに国立大学運営費交付金の公正性や透明性を確保するため、運営費交付金を担当する文科省職員を国立大へ直接出向させる人事は原則行わないこととする。... その間に運営費交付金は減り続け、近年ようやく下げ...

国立大学の運営費交付金は2019年度の傾斜配分の拡大に加え、22年度からの第4期中期目標期間で適用する仕組みの抜本的な見直しなど、大きな変化の渦中にある。... (編集委員・山本佳世子) &#...

資金面では物材機構の特許収入など、国からの運営費交付金に頼らない自己収入資金を機構発ベンチャーに出資する。

4法人への運営費交付金等は計約800億円と東京大学と同規模。... 科学技術力の強化と交付金改革を連動させたものとしても注目される。 ... 「国立大学等」の一角を占め、国立大学法人...

国立大学の運営費交付金の2019年度予算案で、約1割に当たる1000億円を“評価に基づく傾斜配分”とする厳しい仕組みが公表された。衝撃的なのは、国立大の第4期中期目標期間が始まる22年度から「評価と配...

国からの運営費交付金や企業との共同研究費などは使用目的が決まっている。

岡山大では、国からの運営費交付金の増額が難しい中、特色ある研究で差別化を図る方針を打ち出す。

キーワード/科研費改革 (2018/11/22 大学・産学連携)

Q 科研費は大学の研究者個々の関心度が抜群に高いね。 ... 国立大学の運営費交付金など「基盤的経費」と、目的志向型の「競争的資金」の間に位置する。... Q 2018年度は科研費改...

キーワード/共同利用・共同研究拠点 (2018/11/15 大学・産学連携)

A 国立大学の運営費交付金で教員人件費が手当てされている研究所だ。

キーワード/国立大学経営改革促進事業 (2018/11/1 大学・産学連携)

国立大の活動を支える基本は「運営費交付金」約1兆1000億円だ。これに対して今回の事業で用意される「国立大学改革強化推進補助金」40億円は、学長主導の改革後押しとして重要だ。後は国立大の施設整備費と、...

キーワード/4国立大出資の2号ファンド (2018/10/25 大学・産学連携)

国立大の運営費交付金は法人化以降、計約1400億円減となっている。

決済事業者などを通じ、導入費の一部を補助する。 ... 大学の運営費交付金を活用し、予算は同3億円増の9億円とした。 ... 同予算の半分以上を占めるのは文部科学省...

基盤的経費である運営費交付金でさえ、規模に基づく単純な“平等配分”ではなくなりつつある。 国立大学(86国立大と4大学共同利用機関法人)に対する運営費交付金は、基本的には大学の教員・...

国立大、自ら“稼ぐ” 規制緩和事例続々と (2018/8/23 大学・産学連携)

寄付金など余裕資金の運用は東京農工大学、長崎大学、九州大学など7大学が体制を整えた。... 「運営費交付金削減の対応策の一つとして、安定した収入になる」と財務部の飯田和彦部長は期待する。... ■寄付...

従来の科学研究費助成事業(科研費)に加え、運営費交付金以外の方法で大学側から所属する研究者に資金を出す必要がある。そのため民間資金を引き出した大学に意欲刺激(インセンティブ)として研究費を与え、大学が...

未来の科学技術の苗を多数、育てる上で、若手向けの研究費の意識的な“ばらまき”効果を期待したい。 ... 科学研究費助成事業(科研費)などそれぞれの競争的研究費で、若手の育成・支援を重...

キーワード/国立大の資金運用 (2018/8/2 大学・産学連携)

A 大学には収入のうち、すぐに支払いに使わない手元の余裕金がある。... 元本割れする可能性があるため、運営費交付金など税金は原資とできず、寄付金を使う。各大学の財務諸表のうち、寄付金の債務額(受け入...

文科省はこの取り組みを運営費交付金の配分に連動させる。... 文科省はこれらの取り組みを運営費交付金の配分で後押しする。... また「学長裁量経費」400億円でも高評価の大学は交付金を上積みする。&#...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる