1,785件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ほかの電炉メーカーも追従している。... メーカーは製品需要低迷から、総じて生産量を落としているため、鉄スクラップ購入量が減少している。... 韓国では製品需要後退で販売価格が低迷しているため、原料高...

高炉系鋼管メーカーは素材高に値上げ意向を強める一方、専業電炉は荷動き鈍化に量を求めた物件で安値折り合いが散見できる。... 流通はメーカーの価格方針に倣い、製品への価格転嫁を実行。専業電炉(溶協)メー...

荷動きに勢いが欠けているものの、鉄スクラップ価格の反発や、電炉最大手の東京製鉄の販売価格据え置きが続いたことで市況の下げムードが弱まった。... 一方、メーカーは原料価格上伸を受けて価格重視の販売姿勢...

堅調な海外市況を受けて東京製鉄・岡山工場(岡山県倉敷市)が断続的に買値を引き上げ、地区電炉も追随している。... 大阪では地域相場の指標となる東京製鉄・岡山工場が11月中旬以降、買値を引き上げたことで...

市況は高炉を中心としたメーカーの強硬姿勢に膠着(こうちゃく)した展開が続く。ただ年明けには電炉の販価訂正が予定され、値下げとなれば「維持してきた市況への影響は必至」(流通筋)と見る向きが多い。 ...

国内電炉メーカーは減産傾向を示しているが、活発な船積みに市中発生(回収)量の低迷も加わり、鉄スクラップ相場の上伸につながった。... この結果を受け、電炉メーカーが鉄スクラップ買値を断続的に引き上げた...

メーカーは諸コスト上昇に採算重視の販売姿勢を強調。... 専業電炉メーカーは安価な原料調達環境を支えに堅調な経営を進めてきた。... 地区電炉も同調姿勢を示し価格維持に努める。

市中の発生と荷動きが鈍いため、電炉メーカーが買値を引き上げ、入荷を促進している。... ただ、関東地区の電炉メーカーは減産している上に、年末年始の炉休を控え、12月の製品生産が減少する見通し。

電炉は原料市況に底打ち感が広がり対応に変化が生じている。最大手の東京製鉄を筆頭とする各メーカーは原料購入価格を段階的に引き上げ。... ただメーカー間で異なる販売方針に二重価格が形成され、流通の蔵出し...

メーカーは在庫確保に買値底上げの厳しい状況。... 市況は地域相場の指標となる東京製鉄・岡山工場(岡山県倉敷市)が11月中旬以降、継続的に買値を引き上げたことで地区電炉が追随。... 地場電炉の実質購...

ただ、海外相場の上昇が期待される一方で国内では、電炉鋼の粗鋼生産が10月まで8カ月連続で前年同月比でマイナス推移しており、国内需要の回復が遅れている。 ... 国内鉄スクラップ相場は...

専業電炉メーカーは物流費や品質管理コストなど諸経費の高止まりに販売価格を据え置き採算重視の販売姿勢を強調する。... 市況は電炉最大手の東京製鉄が10月契約販価を引き下げた影響で軟化。その後はメーカー...

市況は鉄スクラップ価格の上伸と、電炉最大手の東京製鉄が販売価格を据え置いたことで先安観がなくなった。... 運賃、燃料費などのコスト増で鉄鋼メーカーは値上げの機会を探っているが、高炉・電炉の鉄鋼メーカ...

東京の鉄スクラップ、続伸 (2019/11/28 商品市況)

また、直近の関東地区の電炉メーカー買値(H2相当、炉前)は、同2万3000―2万3500円前後と東鉄の引き上げに追従。... ただ国内電炉メーカーは、製品出荷低迷により減産に取り組んでいることや、一部...

メーカーは足元の情勢を“潮目の変化”と捉え、採算を重視した販売姿勢を強調。... 専業電炉メーカーは最大手の東京製鉄の動きに呼応し総じて店売り向け販売価格を据え置く。... 一方、市中在庫は流通の発注...

メーカーは諸コストの重圧に採算重視の販売姿勢を崩さない。 ... 専業電炉メーカーは整備を終えた生産体制の下、安価な原料調達環境から堅調な経営を進めてきた。... こうした中、電炉最...

地区電炉の買い値上げを受けて強含み横ばいで推移している。... 地域電炉は潤沢な在庫を抱えつつ減産体制を継続している。... 足元、メーカーの在庫は満杯に近く買い焦る状況ではない。

H形鋼は総じて需要が停滞する中、高炉と電炉による販売姿勢の違いが鮮明になってきた。... 電炉は最大手の東京製鉄を筆頭に各メーカーが総じて11月販価を据え置く。... ただ高炉と電炉間で異なる販売方針...

内陸の電炉メーカーも湾岸の動きに追従した。... また、11月下旬から長期炉休を予定する電炉があるため、「当面、スクラップは緩和した状態が続きそうだ」(問屋筋)とした。

運賃、燃料費などのコスト増で鉄鋼メーカーは値上げの機械を探っているが、高炉・電炉の大手メーカーは足元の状況を踏まえ店売り向け販売価格を据え置いた。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる