1,545件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

商社7社の通期見通し、6社当期増益 資源価格上昇見込む (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

大手商社7社の2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)が10日までに出そろい6社が当期増益で、21年3月期に当期損益が赤字だった住友商事は黒字転換を見込む。... 三井物産は「アジア消費者市場を取...

三菱重工業が10日発表した2021年3月期連結決算(国際会計基準)は、事業損益が540億円の黒字(前期は295億円の赤字)だった。... 4月から3カ年の新中期経営計画が始動しており、環境負荷の低いエ...

リコーの2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、営業損益段階から黒字転換を見込む。

日鉄の通期見通し、事業利益4倍 構造改革効果寄与 (2021/5/10 素材・医療・ヘルスケア)

コロナ影響からの鋼材需要持ち直しに高炉休止など構造改革効果が加わり、当期損益は3年ぶりの黒字転換を見込む。

コロナ禍の巣ごもり需要による液晶パネル価格上昇もあり、21年12月期は当期黒字転換を含めた収益改善を見込んでいる。

JR西の通期見通し、当期益30億円 コスト減実施 (2021/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

JR西日本の2022年3月期連結業績予想は、売上高が前年同期比40%増の1兆2575億円、当期損益が30億円の黒字転換を見込む。... 経常損益は50億円の赤字を見込むが、不動産売却で当期損益を黒字に...

牧野フライス製作所の2022年3月期連結業績予想は、営業損益段階から黒字転換を見込む。

JR東の前3月期、当期赤字5779億円 各事業で大幅減収 (2021/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

JR東日本が28日発表した2021年3月期連結決算は、新型コロナウイルスの影響で当期損益が5779億円の赤字(前期は1984億円の黒字)だった。 ... 22年3月期連結業績予想は増...

ファミマの前2月期、当期赤字164億円 利用客減で収益悪化 (2021/4/16 建設・生活・環境・エネルギー)

ファミリーマートが15日発表した2021年2月期の連結決算(国際会計基準)は、当期損益が164億円の赤字(前期は435億円の黒字)だった。... 22年2月期連結業績予想では、前期での減損損失計上の反...

京阪ホールディングス(HD)も、3月末に2021年3月期の業績予想を下方修正し、当期損益で65億円の赤字(前期は201億円の黒字)を見込む。... 筋肉質な事業構造に変えるため、効率的運営にシフトし、...

Jフロントの前2月期、営業赤字242億円 百貨店事業が低迷 (2021/4/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

前期は402億円の黒字だった。... 22年2月期連結業績予想は、百貨店事業の回復などにより営業損益で110億円の黒字転換を見込む。ビジネスモデルの転換などの構造改革を強力に推進し、早期の業績回復を図...

高島屋の前2月期、営業赤字134億円 国内百貨店が低迷 (2021/4/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

百貨店事業は営業収益が前期比27・3%減の5704億円、営業損益が213億円の赤字(前期は69億円の黒字)。... 22年2月期連結業績は営業損益で黒字転換の見込み。

乗客数がコロナ禍以前の約80%の水準でも利益が出る体制とし、22年3月期は運輸事業で黒字転換を目指す。 ... 21年3月期は連結ベースで65億円の当期損益の赤字を見込むが「22年3...

日本金属、設備投資250億円 10カ年経営計画策定 (2021/3/30 素材・医療・ヘルスケア)

22年度までに業績を黒字転換し、24年度までに次世代電池や電気自動車(EV)関連など新アイテムを事業化する。... 29年度の連結業績で売上高は20年度見通し比71・1%増の650億円、経常損益は50...

政府の資金繰り支援策はありがたく、黒字転換する見通しで借り入れる分にはいい。だが黒字見込みのない企業が借り入れを続けると、整理時に廃業でなく倒産になる。

「累計で黒字転換できた」と振り返るのは、中央発條副社長の小出健太さん。2020年4―12月期連結決算で営業黒字となり21年3月期業績見通しを上方修正した。

第3四半期の好調な業績踏まえ、当期利益の見通しを黒字転換した。

昭和電工が17日発表した2020年12月期連結決算は、当期損益が763億円の大幅赤字(前期は730億円の黒字)となった。... 21年12月期は黒鉛電極の大幅な販売数量増加をはじめ全般的に事業環境が改...

ビール・飲料4社の通期見通し、全社増収 家庭用缶商品に力 (2021/2/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

サッポロHDは22期ぶりの最終赤字の要因となった飲食店「サッポロライオン」の閉店など構造改革を進めるほか、酒類事業では家庭用の商品を中心に強化を図り、黒字転換を計画する。

経常損益は前回の24億円の赤字から91億円の黒字に転換する。 ... だが、21年12月期は油価の前提を同22・7%増の1バレル53ドルと見直し、当期利益1000億円と黒字転換を見込...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる