113件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

NAS電池では日本ガイシが20年以上の実績を持ち、大規模電力貯蔵システムでトップの座にある。 一方で、系統系リチウムイオン電池は競争が始まったところ。

新製品の研究開発にも力を入れ、18年3月期に新製品の売上高比率3割を目指す」 《大容量蓄電池として注目されるナトリウム硫黄(NAS)電池の事業部長などを歴任。... NAS電池工場の...

【日本ガイシ/NAS電池の大容量蓄電システム】 日本ガイシはナトリウム硫黄(NAS)電池による大容量蓄電システムを展示する。

NAS電池の本格普及に備えて営業担当者の大幅増員を計画。... NAS電池は、出力1000キロワット級の大型の蓄電池。... 同社は碍子部門の営業担当者をNAS電池部門に配置転換したり、産業プロセス部...

大島氏は成長分野に位置付けるナトリウム硫黄(NAS)電池事業に長く携わり、事業部長などを歴任。... 理系出身で1990年代初頭から一貫してナトリウム硫黄(NAS)電池事業に従事。研究開発から試作、世...

日本ガイシは2003年に世界で初めてナトリウム硫黄(NAS)電池の量産を開始し、現在は小牧事業所(愛知県小牧市)にある工場棟で生産している。... (名古屋・杉本要) &#...

四輪R&Dセンターに導入したナトリウム硫黄(NAS)電池は出力1万2000キロワット。... 電力需要家が使うNAS電池としては国内最大だ。 ... NAS電池は夜間に満充電にし、日...

【名古屋】日本ガイシは2017年をめどに、全社売上高に占める発光ダイオード(LED)向け基板や電池材料など、新規製品の比率を現在比約3倍の30%に引き上げる数値目標を設定した。... 具体的な開発分野...

NAS電池を導入したのはブリティッシュ・コロンビア・ハイドロ・パワー・オーソリティー。... 同社は11年9月に納入先でNAS電池の火災事故を起こし、生産を一時停止。... 同社は14年3月期、NAS...

RF電池の価格は他社製のリチウムイオン電池やナトリウム硫黄(NAS)電池の価格を考慮して設定する見込み。... 同社はRF電池を世界で初めて実用化。RF電池は電極が溶け出さないため、従来の電池に比べ約...

【執行役員電力事業本部NAS事業部長】美馬敏之(みま・としゆき)氏 【横顔】ナトリウム硫黄(NAS)電池事業で設計から製造、品質保証まで幅広い業務経験を持つ。「NAS電池を市場の期待...

【名古屋】日本ガイシは、大容量蓄電池「ナトリウム硫黄(NAS)電池」について、生産の低コスト化に乗り出す。... NAS電池は負極にナトリウム、正極に硫黄、両電極を隔てる電解質にセラミックスを用いる電...

対象技術はニッケル水素電池、リチウムイオン電池、ナトリウム硫黄(NAS)電池、レドックスフロー電池などを想定。... 大型で最も低コストとされるNASは同約4万円で、揚水に対して約4割のコストダウンが...

電力系統安定化のためNAS電池導入を決めた。 NAS電池は鉛やリチウムイオン電池などに比べ大容量化に適した蓄電池。... 同社は14年3月期、NAS電池では中東向けなど事故前の受注案...

ナトリウム硫黄(NAS)電池のような据え置き型の大型蓄電池の火災事故を想定。... リチウムイオン二次電池向けにはウォーターミスト(霧状の水)と高性能消火剤の2種類がある。... NAS電池、金属火災...

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダは15年に量産型の水素燃料電池車を販売する計画。... 水素の製造段階から再生エネを導入し、燃料電池車のライフサイクル全体で環境負荷の軽減につなげる。... 電力貯蔵シ...

住友電気工業は2013年度中に次世代大型蓄電池である「レドックスフロー電池=用語参照」を事業化する。... 同電池はナトリウム硫黄(NAS)電池と並んで、蓄電容量数千キロワット級での実用化が見込まれる...

蓄電池の種類はナトリウム・硫黄(NAS)電池などを想定する。... 今回の蓄電池大量導入は国内電池産業への好影響も期待される。... 電力会社による大量導入で電池メーカーの量産効果が高まれば、商品の低...

EVが必ずしも次世代車の本命とは言い切れず、燃料電池車などがその座を狙っているとされる。... 【蓄電池システム/日本主導で専門委−国内合意待たずに提案】蓄電池にはビジネスでも勝てる標準化戦略が求めら...

大規模に蓄電できるナトリウム・硫黄電池(NAS電池=写真)は日本メーカーの独自技術。先端のリチウムイオンだけでなく、鉛やニッケル水素といった電池もエネルギー密度が高まっている。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる