93件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

NLABは製品評価技術基盤機構(NITE)の施設で、今夏以降の事業開始を予定している。

製品評価技術基盤機構(NITE)は2016年4月に、世界最大級の大型蓄電池システム試験評価施設(NLAB)を大阪市住之江区に開所する。... そこで経済産業省は、13年度の補正予算「グローバル認証基盤...

東京都立産業技術研究センターは11日、製品評価技術基盤機構(NITE)から、鉄鋼分野におけるJNLA試験事業者に登録され、同時に国際相互承認された国際MRA対応認定事業者としての認定を受けたと発表した...

同DBは製品評価技術基盤機構(NITE)のサーバーを活用して運用する。

製品評価技術基盤機構(NITE)は企業などが保有する貴重な微生物資源が災害で消失するリスクを低減するため保存事業「生物遺伝資源バックアップサービス」を先行的に始めた。... NITEのバイオテクノロジ...

大学や製品評価技術基盤機構(NITE)の専門家らも参加して、産学官で製品安全文化を一段と向上させたい考えだ。

蓄電池の施設は大阪府内にある製品評価技術基盤機構(NITE)の隣接地に、パワコンは福島県内の産業技術総合研究所の拠点の隣接地にそれぞれ建設を計画している。

10月に製品評価技術基盤機構(NITE)の登録制度「JNLA」の光性能試験事業者に認定された。

また、製品評価技術基盤機構(NITE)の技術アドバイザーとして試験所・校正機関の認定審査を支援している。

製品評価技術基盤機構(NITE)は、今秋をめどにミャンマーでの微生物資源探索事業を、8年ぶりに再開する。... NITEはミャンマー教育省と包括的覚書を、パセイン大学と共同研究契約を結んだ。... N...

製品評価技術基盤機構(NITE)は、3月11日13時半からイイノホール(東京都千代田区)で、試験事業者登録制度(JNLA)15周年シンポジウム「産業競争力強化のための試験所認定制度の活用に向けて」を開...

製品評価技術基盤機構(NITE)、日本電気計器検定所(JEMIC)、日本品質保証機構(JQA)は、東京と大阪で「マネジメントシステム審査員のための計測のトレーサビリティ講演会」を開く。

製品評価技術基盤機構(NITE)は12月6日13時から東京都千代田区のフクラシア東京ステーションで、国際シンポジウム「バイオリソースセンターの遺伝資源管理に対する名古屋議定書の影響」を開く。千葉県木更...

基準適合のための試験は、製品評価技術基盤機構(NITE)により工業標準化法(JIS法)に基づく試験事業者登録(JNLA)制度で認定された試験所での試験結果の提出が必要になる。

タスク3リーダーの製品評価技術基盤機構(NITE)の奈良広一認定センター所長は「4―6月にはラウンドロビン2参加国の認定機関へ説明を始める。... だが、NITEの奈良所長は「日本は成功が大きい分、一...

このほか産業技術総合研究所(産総研)の野間口有理事長、製品評価技術基盤機構(NITE)の安井至理事長、工業所有権情報・研修館(INPIT)の清水勇理事長は、それぞれ従来の選任方式で再任された。 ...

所管の製品評価技術基盤機構(NITE)のホームページ上で「災害時の製品事故の防止について」として注意を呼びかけている。

産総研とNITEはともに特許として活用された微生物を30年間保管するセンターを持つ。... 混乱が起きないよう、NITEの担当者が産総研のセンターに常駐し、運営しながらNITE側で受け入れ設備(保管タ...

このほか産業技術総合研究所(産総研)の理事と監事、製品評価技術基盤機構(NITE)の監事も同様に公募の中から選任する。

強化策は経産省とNITEの実務作業を見直し、ルール化、明確化するのがポイント。... 原因究明に当たるNITEが通常は協力要請をする。... こうした経産省とNITEの連携や分担のあり方をルール化。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる