304件中、3ページ目 41〜60件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

感染拡大防止へ対策総動員 新型コロナウイルス(COVID―19)の感染が瞬く間に全世界へと広がり、世界保健機関(WHO)は3月11日、パンデミック(世界的大流行)...

同じコロナウイルスに分類され、02年末に流行が始まったSARSは、03年7月に世界保健機関(WHO)が「終息宣言」を出した。

ただ、延期、規模縮小などの最終判断については「国際五輪委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)は緊密な連携のもと注視しており、我々も緊密な連携をとっていく」とした。

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック(世界的大流行)」と認定したことで、12日の東京株式市場の日経平均株価は前日比で一時1000円超も急落した。

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック(世界的流行)」と表明したことを受け、東京都の小池百合子知事は12日、東京五輪・パラリンピックへの影響について、「都としてもこれまで...

世界保健機関(WHO)もついに新型コロナの「パンデミック(世界的大流行)」を表明した。... 米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」は、WHOが治療効果の可能性を強調したことで世界中の...

(談) ◆金融政策でなく財政出動を 三井住友銀行チーフ・マーケット・エコノミスト・森谷亨氏 世界保健機関(WHO)がパンデミック宣言したが、国内景気はすでに悪化して...

【シリコンバレー=時事】インターネット交流サイト最大手の米フェイスブック(FB)は4日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、世界保健機関(WHO)に必要とするだけの広告枠...

世界保健機関(WHO)は「マスク着用は感染予防にならない」と指摘する。

世界保健機関(WHO)によるとHBVの感染者は世界で約20億人いるとされ、そのうち2億4000万人以上が慢性B型肝炎にかかっている。

まず、どう感染者を検知するかだが、WHOおよび厚生労働省からの情報によれば、感染者の自覚症状は37・5度以上の発熱、だるさや息苦しさなどである。

(安川結野)【総合1参照】 「市中感染」警戒の声も ワクチン開発、年単位の時間 幅広の検査体制に 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスにより引き起こされる肺...

パラ選手の人生を体感 WOWOWと東ガス、東京・豊洲でイベント (2020/2/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

WOWOWと東京ガスは、パラリンピックに出場した選手らのドキュメンタリー番組を無料上映する施設「WHO I AM HOUSE=イメージ」を7月24日に東京・豊洲に開設する。... WOWOWが2016...

【ベルリン=時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、ジュネーブで開いた記者会見で、新型コロナウイルスが引き起こす肺炎の正式名称を「COVID―19」に決定したと発表した。

一方、世界保健機関(WHO)が同ウイルスの潜伏期間を変更したことを受け、政府は同日午後、チャーター便で中国湖北省から帰国した人の指定施設での滞在期間を10日間から12・5日間に延長した。 &#...

1月30日に世界保健機関(WHO)は、中国・武漢で発生した新型コロナウイルス感染症に対し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言した。

世界保健機関(WHO)がウイルスの潜伏期間について短期間に判断を変えるなど混乱しているとの指摘に対し、菅官房長官は「政府の対応はWHOの知見も踏まえつつ、厚生労働省が専門家に諮りながら方針を決めている...

ウイルスの潜伏期間に関する世界保健機関(WHO)の最新の見解を反映した。 WHOのテドロス事務局長は3日(現地時間)にジュネーブで開いた執行理事会で、「渡航や貿易を不用意に妨げる必要...

世界保健機構(WHO)は「人から人への感染」が中国以外でも相次いでいることから「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

世界保健機関(WHO)フィリピン支部によると、新型肺炎をめぐり、中国の国外で死者が出るのは初めて。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる