349件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

がん患者の全遺伝情報(ゲノム)からがんの特徴を調べる「がん遺伝子パネル検査」が保険適用で実施可能になり、がん治療における遺伝子情報の利用が普及する。... 検査の適正な利用が広まることで、患者のゲノム...

国立がん研究センターは、印刷事業などで使用する化学物質が原因で発生する「職業関連性胆道がん」の患者を対象に、免疫チェックポイント阻害薬の一つ「ニボルマブ(製品名オプジーボ)」を投与する医師主導治験を4...

「DPEが排出するクロロプレンが原因でがん患者が増えている」とする近隣住民や米NPO(民間非営利団体)が来日、抗議活動をしており、対応に追われている。... 同工場を含め複数のクロロプレンモノマー工場...

東京大学医学部付属病院検査部の佐藤雅哉助教、島津製作所基盤技術研究所の森本健太郎主任らは、患者のデータから肝がんの存在を予測する人工知能(AI)を開発した。少ないサンプル数での予測に向くアルゴリズム(...

患者の体質や病状に合わせた個別化医療に向け、がんの手術前診断への応用が期待できる。 見つかった手術後不良の早期がん患者に検診を促し、検証研究を実施したい考え。 東京...

慶応義塾大学医学部の安田浩之専任講師らは、がん患者の全遺伝情報(ゲノム)データを活用し、理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」で肺がん治療薬の効き目を予測することに成功した。約2000例の...

病理検査の検査薬市場は、がん患者の増加に伴う需要の高まりにより拡大。... だが17年、18年と治療患者数の減少で市場は縮小した。今後は子宮がん検診の普及などにより緩やかな拡大を予想する。 &...

JSR、蘭社と契約 オルガノイド技術で連携 (2019/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

クラウンはがん患者の組織を免疫不全マウスに移植し腫瘍を再現する「PDX」を手がけている。

オンコリスバイオファーマは、がん細胞を破壊できるウイルス「テロメライシン」と抗PD―1抗体ペムブロリズマブの併用臨床試験の中間成績を米国がん学会議で発表した。国立がん研究センター東病院において医師主導...

都、開発支援プロ15件選定 イノベ創出助成 (2019/2/26 中小企業・地域経済1)

【インフラメンテナンス】▽Hmcomm(港区)=インフラメンテナンスにおける異音検知の開発▽Ridge―i(千代田区)=AIによる異常検知簡易検証サービスの開発 【安全・安心の確保】...

がんゲノム医療支える基盤技術 がんは、多種多様な遺伝子が変異し細胞の増殖が止まらなくなった状態を指すが、どの遺伝子がどのような変異を起こせばがんになるか、だんだん明らかになってきてい...

イラクの小児がん患者らを支援するNGO「日本イラク医療支援ネットワーク」(同新宿区)が冬季限定で実施するチョコ募金も14年目。... 缶のふたには、シリアやイラクの小児がん患者が描いたかわいらしいタン...

著者登場/高良毅氏『がんの町医者』 (2019/1/28 books)

そのころ、がんの3大治療は『手術』『放射線療法』『化学療法』と教え込まれてきたが、実際に抗がん剤を使用しても助からない患者もいて、その度に無力感を感じていた。このままの医療では進行がん患者の命を救うこ...

東北大学病院の海野倫明教授らは、膵臓(すいぞう)がんにおいて、がんの切除手術の前に化学療法を行う治療が、現在の標準治療である手術後に化学療法を行う治療を行った場合よりも患者の生存率が高いことを明らかに...

がん免疫療法を研究する。 ... 現在はiPS細胞から作った免疫細胞をがん患者に投与する治験の準備中だ。

オリンパスは南カリフォルニア大学(USC)と、大腸がん患者から作成した細胞モデルを3次元解析することに成功した。患者由来の細胞モデルを3次元化して用いることで2次元培養した細胞を使う薬効試験と比較し抗...

研究チームが膵臓がん患者の遺伝子を調べると、KDM6Aが発現しない患者が予後不良になることが分かった。... KDM6Aが発現するがん組織では複合体がHDACの働きを阻害し、アセチル化が進むことでがん...

中外製薬はQLife(キューライフ、東京都港区)と共同で、がん患者の抱える就労や生活上の課題に関する情報を提供するウェブサイト「がんwith」を公開した。「働く」「お金」「暮らし」の三つのテーマで、が...

第一三共、米製薬企業に抗がん剤導出 (2018/12/19 素材・ヘルスケア・環境)

第一三共は18日、抗がん剤「DS―6051(開発コード)」を米製薬企業のアンハート・セラピューティクス(ニューヨーク州)に導出すると発表した。がん領域の開発品の増加に伴い、自社開発だけでなく他社との提...

がん患者は日本だけでなくアジアでも増加している。... 患者数が少ないため臨床試験が進みやすく、短期間開発の可能性が高い」 ―通常創薬には最低でも10年がかかるといわれています。.....

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる