807件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

制御ボードはオープンソースの基本ソフト(OS)「リナックス」ベースで開発した。

ニュース拡大鏡/IT環境自ら構築 日本MS、顧客内製化を支援 (2020/10/16 電機・電子部品・情報・通信)

日本マイクロソフト(日本MS)は客先のIT環境をアウトソース(外部委託)型からインソース(内製化)へシフトする施策を拡充する。... だが、かつてのよう...

手間なくマルウエア対策 東芝情報システム、ソフト新製品投入 (2020/10/5 電機・電子部品・情報・通信)

【川崎】東芝情報システム(川崎市川崎区、渡辺一正社長、044・200・5111)は、オープンソースの基本ソフト(OS)「リナックス」搭載の組み込みシステム向けセキュリテ...

日本IBM、SMBCモビット向けネット基盤 レッドハット製採用 (2020/9/29 電機・電子部品・情報・通信1)

次世代システム基盤には、米レッドハットが提供するオープンソースのクラウド実行・開発基盤「オープンシフト」を採用する。 ... 次世代システム基盤にはオープンシフトを採用することで、サ...

第2世代クラウド 古豪IT、全方位で攻め (2020/9/22 電機・電子部品・情報・通信1)

複数の中央演算処理装置(CPU)にまたがって、オープンソースOSの「リナックス」上にユーザーアプリを動かす実行空間を作り出すことで、コンテナ化したアプリをハードウエアを超えて横つなぎで...

ベンダーに偏らず、技術標準を通じてビジネス目標の達成を目指すグローバルなNPOであるオープン・グループは、「オープン・フットプリント・フォーラム」を結成した。フォーラムは、環境フットプリント・データの...

同アプリはオープンソースとして公開し、永和システムがサポートを担当する。

早大はちょうど新年度から、オープンソースのLMS「Moodle(ムードル)」に切り替え予定としていた。... 同大は留学生や受験生に大学の講義を外部アピールする「オープンコースウェア」...

2024年度までに一定の成果を出し、特許やオープンソースとしての公開も進め、参加企業だけで囲い込まず業界の底上げにつなげる。

産総研では、現象解明研究とデバイス開発研究の成果をつなげ、自動車システムとして評価するためのMBDプラットフォームを、誰もが低コストで使えるオープンソース・ソフトウエアを用いて開発している。 ...

同機構システム計算科学センターのサイトでオープンソースソフトウエアとして公開している。

アーム仕様はオープンソースを推進する開発コミュニティーなどが多く、稼働するアプリケーションの数も多い。

一つめは、オープンな開発環境である。データサイエンティストは、最先端技術が次々と追加されるオープンソース・フレームワークを使って開発することを何よりも好む。

日本IBM、金融DX支援 顧客の生産性改善・異業種連携を促進 (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

新たに提供する「オープン・ソーシング戦略フレームワーク」はオープンソースのコンテナ実行基盤「オープンシフト」や「マイクロサービス」などの新技術や新手法を採用。... また、オープンアーキテクチャー&#...

プレーヤーは、多数の参加者が協力して開発するオープンソースなコミュニティーもあれば、単独で新しいブロックチェーンを開発する企業も見られる。

日本IBM、DXデータ基盤強化 パック製品最新版 (2020/6/16 電機・電子部品・情報・通信)

日本IBMは15日、デジタル変革(DX)の実現に必要なデータ基盤に向けて、オープンソースのコンテナ実行基盤「オープンシフト」に対応したパック製品の最新版と、今後の展開について発表した。...

NICTではCefore(セフォール)と呼ばれるソフトウエアを開発し、これを誰でも利用および改変可能なオープンソースとして公開している。 ... 今後は、さらにICN...

NEC、ネット分離ソリューション マルウエア侵入防御 (2020/5/26 電機・電子部品・情報・通信1)

発売したソリューションは標的型攻撃対策として有効なインターネット分離をオープンソースの「リナックス」対応の「ドッカーコンテナ」を用いた仮想ブラウザー方式で行う。

「IT・ソフトウエア・通信技術分野」を重点8分野の一つに位置づけ、5Gを活用した地域課題の解決やIT関連のオープンソース人材の集積を推進する。

経済透視図(16)ブロックチェーン市場動向(2) (2020/5/20 金融・商品市況)

イーサリアムはスマート・コントラクトの構築が可能なオープンソースのプラットフォームで、分散型アプリケーション(DApps)の開発・運用を容易にしている。... またDAppsとはブロッ...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン