169件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

住友電気工業は許容引っ張り強度を同社従来品比で約5割増の400メガパスカルレベルに高めた、超高強度ビスマス系高温超電導線材を開発した。

スズ―ビスマス系にアンチモンを少量添加した合金に独自のエポキシ樹脂を組み合わせ、低温リフローの課題となっていた強度を向上した。... 180度Cの低温リフロー用としてスズ―ビスマス系合金とロジン系のフ...

東京大学物性研究所の徳永将史准教授と大阪大学の赤木暢助教、産業技術総合研究所、福岡大学、上智大学、青山学院大学らのグループは、ビスマスフェライトが3値の不揮発性メモリーになり得る磁気特性を発見した。....

当時、米国ではビスマステルル系材料が標準物質として提案され、熱電特性の評価方法の標準化が単独で進められようとしていた。しかし、ビスマステルル系材料は組成が少し異なるだけでも性能が大きく変わり、高温環境...

最大流量は毎分10―40リットルで、ナトリウムのほか、リチウム、水銀、鉛ビスマスなどの導電性材料に使用できる。

研究グループはシリコンがマグネシウムと混和しやすい一方で、ビスマスとは混ざりにくく分離しやすいことに着目。シリコンとマグネシウムの合金を、850度Cのビスマスを溶かした液体に30分間漬け、混ざりやすい...

山梨大学クリスタル科学研究センターの熊田伸弘教授、田中功教授らは、ビスマス酸化物で新規の超電導体を発見した。

光電陽極には光感性金属酸化物であり、水中で安定した性質を保つバナジウム酸ビスマスを使用している。 研究当初は効率が低かったが、バナジウム酸ビスマスにタングステン原子を加え、効率改善を...

強磁場下においては第1世代のビスマス系超電導線に比べ、機械的強度が高いのが特徴。

ビスマス、テルル、塩素が交互に積層した結晶構造をとる。

NEXTBRASSはシリコン、ビスマス、スズなどを含む鉛フリーの黄銅合金。... シリコン系とビスマス系の銅合金両方のスクラップを原料として使える。

井野助教らは、広島大放射光科学研究センターの高輝度シンクロトロン放射光を使って、銅酸化物系高温超電導体の一種であり、マイナス182度Cの高い転移温度を持つビスマス系銅酸化物について角度分解光電子分光実...

併せて銀材料にビスマス系ガラスを混ぜた工芸材料も発売する。

現在は熱電変換素子としてビスマステルル系化合物が使われているが、変換効率が10%と低く性能向上も見込めないため、新素材の開発が課題となっている。 ... 室温からマイナス200度Cの...

六価クロムから三価クロム処理への変更、スズメッキやスズビスマスメッキ、鉛フリーハンダなどの技術開発にも力を入れてきた。

鉛の代わりにビスマスなど3種類の物質を同時添加し、鉛青銅と同等以上の強度と摺動特性を持つ材料の開発に成功した。 ... まず作成したのが、鉛入り青銅から鉛を除いた銅スズ合金をベースと...

強誘電体材料の一種、ビスマスフェライトを使って、分極の向きが異なるドメインをしま状に規則正しく配列した薄膜を作り、光を当てると、大きな電圧を取り出せることを2010年に発見した。

「ビスマス・テルル」と呼ぶ素子を熱電変換に用い、保護材として剛性が高いシリコン系材料で補強して耐荷重強度を既存製品の5倍の1平方ミリメートル当たり20キログラム重に高めた。

酸素の通しやすさは、古くから知られる酸化ビスマスと同程度となっている。酸化ビスマスは反応性が高く実用に至っていないが、今回研究対象にした化合物は燃料電池電極の材料などへの応用が期待されている。 ...

住友電気工業は22日、同社のビスマス系超電導線がドイツとロシアの大手電力会社が実施する超電導送電プロジェクトに採用されたと発表した。... ビスマス系超電導線は液体窒素を使って冷却できる温度(マイナス...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる