227件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

両車種とも雨の日の走行にも適した「アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)」搭載型も用意した。

トヨタ車の予防安全支援装置に装着し、運転席カメラの曇りや凍結を防ぎ、視野を確保することで衝突防止ブレーキシステムの正確な動作をアシストする。

同年にはデンソーが開発中の自動ブレーキシステムへの採用を決定した。

【名古屋】デンソーは26日、NECと高度運転支援システム(ADAS)・自動運転やスマート工場の分野で協業を始めたと発表した。... また自動運転化や電動化により複雑化する車載システムを効率的に開発する...

これは基本的にはブレーキペダルに常時、足をのせていて、加速が必要な時に、ブレーキペダル上の足を右に動かす仕組みだ。ブレーキペダルを踏めば自動的にアクセルが解除される。 ... つまり...

同社の電気二重層コンデンサーバックアップ電源ユニットは、自動車の電子ブレーキシステムや緊急時のドアロック解除用で実績がある。新製品はスマートメーターや、複数回線を束ねるコンセントレーター、ストレージ(...

声明によれば、中部州のサンルイスポトシ拠点に駆動システムの開発センターを新たに開設し、自動車部品の生産能力を増強する。... 一方、アグアスカリエンテス拠点ではアンチロック・ブレーキ・システム(ABS...

デンソーは25日、開発中の次期自動ブレーキシステム用画像センサーに、ソニーの相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサーを搭載すると発表した。... ただし日本と欧州の新車アセスメント「NCAP...

同社はF1車両向けのブレーキシステムを共同開発。その結果「欧州市場でも曙の名が知られるように」なり、得たノウハウを欧州の高性能車用ブレーキに反映している。

車両だけでなく歩行者も検知する自動ブレーキシステムなど安全関連も強化。

パナソニックとウィル(横浜市鶴見区)は空港を主対象に、衝突回避自動ブレーキシステムと自動運転機能を搭載した電動車いす「WHILL(ウィル)ネクスト」の提案活動を本格化する。... 国内外の医療機関で稼...

電動車いすや搭乗型移動支援ロボットに衝突回避自動ブレーキシステムなどの「自動運転」機能を採用する動きが広がりつつある。... 1―2年後の実用化を目指してパナソニックと衝突回避システムを共同開発してい...

曙ブレーキ工業は、レースチーム「トヨタガズーレーシング・ウィズ・トムズ」が、同社製のブレーキを装着した「レクサスRC F」で、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースのSP―PROクラスを優勝した...

披露されたのは各自動車から道路情報を集約して運転制御に使うインフラ技術と、スムーズな運転を実現するブレーキシステム。... コンチネンタルが単なる部品メーカーではなく「自動運転システムメーカー」である...

同社は、自動車用ブレーキ部品事業の国際競争力の強化のために、01年にアイシン精機、デンソー、住友電気工業の3社の開発・販売部門を統合し、日本初のブレーキシステムサプライヤーとして設立された。... こ...

愛知県、成長分野86件を助成 総額7.6億円 (2016/5/27 中小企業・地域経済2)

アドヴィックスは高機能回生協調ブレーキシステムの信頼性に関する実証実験を予定する。また、アイサンは無人航空機(UAV)搭載用のレーザー計測システムを開発し、公道での走行実験を計画。

日信工業は2輪車用のブレーキシステムに高付加価値品を投入。

曙ブレーキ工業は、「市販ロードカー用高性能自動車ブレーキの開発と量産化」で、日本機械学会の2015年度「日本機械学会賞(技術)」の受賞が決まった。英マクラーレンのロードカー「P1」に搭載されているブレ...

安全面では、運転支援システム「アイサイト」に加え、後退時にセンサーが後方の障害物を検知すると注意喚起やブレーキをかける「後退時自動ブレーキシステム」を初採用した。また同車から情報システムの米アップル「...

クルマの自動ブレーキシステムなど、新しい技術分野も立ち上がっている」と、需要の芽吹きに期待する。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる