102件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

いずれも安価で安定したベースロード電源であり、数字以上の重みがある。... ただ廃炉によって減るベース電源を同じベースで代替しなければ、燃料費負担や料金は高止まりしたままになる。 ... 原子...

いずれも規模は比較的小さいものの、安価なベースロード電源を失うのは経営的にも痛手。各社は代替電源をどう手当するのか。... 今後、ベースロード電源をどう維持していくのか。

エネルギーミックスの議論が本格化する中、経団連や日本商工会議所でも原発をベースロード電源と位置付けており、同友会が前向きな数字を提示することで、経済界として20%以上の原子力比率の確保を求め、今後の再...

東北電力と中国電力は原子力発電などのベースロード電源の稼働状況によっては住宅に出力抑制がかかる。

再生可能エネルギーに期待が集まるが、コストや供給安定性の面でベースロード電源として利用するのは現時点では無理といわざるを得ない。

しかし、日本の将来や温室効果ガス削減という地球規模の課題を考える際、ベースロード電源としての原子力の重要性は高い。

83年に完成した3号機(同70万キロワット)とともに合計130万キロワットのベースロード電源としての役割を担っている。

営業活動はその前に始めることになろう」 ―ベースロード電源を安定的に確保することも大きな課題です。 ... 電源も同様だ」 ―ベースに限らず、多様...

エネルギーミックス(電源構成)の策定に向けた検討も1月中に始まる。... 経済産業省は具体的な電源構成比の検討を近く始める方針だ。 ... 廃炉が相次いだ場合、代わって電力を低コスト...

並行して火力や原子力、再生可能エネルギーなど電源の種類別に発電コストを検証する作業も進める。政府が4月にまとめたエネルギー基本計画で「重要なベースロード電源」と位置付けた一方で「依存度を可能な限り低減...

他方、国内では停止する原発の代替や電力市場への新規参入者らが、安価な電源として多数の石炭火力発電所の建設を計画中だ。... 政府は原発を重要なベースロード電源と位置付ける一方、将来の原発依存度を可能な...

ただ、欠かせないのが燃料費の安いベースロード電源。... しかし、原子力が当てにならない今、電力会社を中心に各社こぞって同じベース電源の石炭火力の増設に走っている。

日本では原発稼働ゼロが続き、石炭火力発電の発電量は3割まで上昇(2013年時点)し、天然ガスに次ぐ第2のベースロード電源である。

自民党が原子力を「重要なベースロード電源」と位置付け、運用を続ける方針なのに対し、民主党は2030年代の「原発稼働ゼロ」を目指す考えを表明。

エネルギー政策では自民党は原子力発電所を「重要なベースロード電源」と位置付け、活用する方針を示している。 ... 自民党が「安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベ...

政府が原子力依存度を低減させる方向を明示したことで、電力各社が原子力と同じベースロード電源の石炭火力を求めたためだ。さらに電力の完全自由化を控え、都市ガス会社などが小売り市場参入に欠かせない、ベース電...

これに対し地熱やバイオマス、小水力は、ほぼ安定して発電を続けることができ、ベースロード電源と見なすことも可能。... 国のエネルギー基本計画で原子力発電を基幹電源に据えたことが大きな理由だが、それだけ...

「原発が大事なベースロード電源であることは間違いない。

一方で政府は4月にまとめた「エネルギー基本計画」で、核燃料サイクル事業の継続を決めたほか、原発も重要な「ベースロード電源」として安全性の確認を前提に、再稼働を進める方針を掲げた。

【ベース確保】 悩みの一つはベースロード電源の確保。... 電力会社は原子力や石炭火力など安価な電源を持つのに対し、液化天然ガス(LNG)火力が主体のガス会社はコスト的に厳しい。「石...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる