569件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

加工後に自発的に変形し機能を発揮する4次元マテリアル、流砂系の推定による山地や海岸線などの国土変化予想なども挙げられた。

旭化成、マテリアル領域改革 革新素材・技術で新事業 (2019/11/15 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成は14日、4月に組織再編したマテリアル領域について、発展的な“構造改革”を進めて成長を図る考えを明らかにした。

【奨励研究助成 若手研究者(レーザプロセッシング)】▽福島潤/東北大学工学部「無容器レーザプロセッシングによる新奇酸化物系白色蛍光体の創製」▽且井宏和/産業...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

総合化学6社の4―9月期、全社が当期減益 (2019/11/7 素材・医療・ヘルスケア)

旭化成は厳しい事業環境の中、中国経済の減速などの影響を受けたマテリアル領域の低迷を、住宅とヘルスケア領域の伸長が補い、比較的小幅な減益に留めた。

(敬称略) 【重点研究開発助成(塑性加工)】▽御手洗容子/物質・材料研究機構構造材料研究拠点耐熱材料設計グループ「1500t鍛造シミュレータにより組織制御したTi合金の破壊機構解明と...

マテリアル事業はポリカーボネート樹脂の市況悪化の影響を受け、コンパウンド用途の炭素繊維の販売も低調だった。

【福井】福井大学は福井大学繊維・マテリアル研究センター(田上秀一センター長)の活動をスタートした。

荏原環境プラント(東京都大田区、渡辺良夫社長、03・6275・8600)は、企業連携組織「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)」に入会した。

三協立山、非建材展示コーナー新設 「高岡ショウルーム」内 (2019/10/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

展示を始めたのは植物工場ラック「アルファーム」やアルミホイール、風力発電用ブレードのサンプルといったアルミニウムの材料や部品の販売を担うマテリアル事業で扱う部品や商品。

(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)統合型材料開発・情報基盤部門(MaDIS)主任研究員 伊藤海太 2009年東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学...

【データの世界へ】 デジタル革新によって多様なデータビジネスが生まれる中、素材メーカーではデータは研究開発やマーケティングなどに使うのが一般的だ。 旭化成の電子部品...

【新体制の変化】 「これまでは性能やコストなどの製品力が評価された。山岸(秀之)事業本部長体制では、これにソリューションを与えていく」。旭化成スペシャルティソリューション(SS)事業...

【拡大と縮小】 「今後3年間で行う選択と集中に向け、本年度中に競争力の低い事業について出口を見極めたい」と、旭化成基盤マテリアル(BM)事業本部長の小野善広常務執行役員は話す。

ハイポア原料のポリエチレン「サンファイン」を生産する基盤マテリアル事業本部長の小野善広常務執行役員は「ポリエチレンは拡大事業。

【大胆な采配】 「ミッションは、自動車分野を中心にグループの成長をけん引することだ」と、パフォーマンスプロダクツ(PP)事業本部長の工藤幸四郎常務執行役員は意気込みを語る。PP事業本...

旭化成は2019年度からの新中期経営計画の始動と同時にマテリアル領域内の組織を改正し、新体制でスタートを切った。... 【傾向を先取り】 一方、基盤マテリアル(BM)事業本部と、電子...

日鉄ケミカル&マテリアル(東京都中央区、太田克彦社長、03・3510・0301)は、第5世代通信(5G)などで拡大が見込まれる高周波市場向けに回路基板材料「エスパネックス」2シリーズを開発した。......

日本タングステンは粉末冶金技術を軸としたマテリアルの開発に強みを持つ。

加えてこれらの技術領域を支える、量子状態を形成しうる物質・材料群を取り扱う量子マテリアルの領域も重要な柱である。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる