209件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

米アディエントは、限定された領域で運転手の操作が不要となる「レベル4」と運転手が不要な完全自動運転「レベル5」向けのシートシステムのコンセプトモデルを開発した。... アディエント...

自動運転、埼玉で加速  (2019/5/28 中小企業・地域経済2)

秋にマッピングを終え、19年度中にレベル3で3―4日程度走る。20年度は1カ月程度、レベル4での走行を予定している。... 18年にはレベル4相当で自動運転の電気自動車(EV)バスの実証実験を行った。

「5G RF(高周波)モジュール」は25年に6437億円に成長すると予測。... 自動車では自動運転レベル4以上に対応することから5G通信の搭載が進む。欧州の高級車を中心に採用が始まり、自動運転のレベ...

政府は自動化のレベルのうち、緊急時は手動運転に切り替える「レベル3」を、2020年をめどに高速道路上で実用化することを目指している。また同時期までに過疎地など限定地域で、運転手を必要としない「レベル4...

【前橋】相鉄バス(横浜市西区、菅谷雅夫社長、045・319・2144)と群馬大学は、大型バスの自動運転に関する共同研究契約を締結した。... 運行実務に即した技術を実現することで、限定された領域ですべ...

他社との協業や投資など先行投資を積極的に行い、研究開発費におけるCASE関連費用は4割にまで高まった。... 19年半ばには限定領域での運転操作が原則不要な「レベル4」の自動運転車を量産する計画。

レベル4相当の自動運転技術や中国向けに改良したコネクテッド機能を搭載する。... 数十分の充電で450キロメートル走行できる。

運転手が不要な「レベル5」に相当する完全自動運転の実用化に向け、日米メーカーが足並みをそろえる。 ... トヨタは2020年代前半に、限定領域での運転操作が原則不要な自動運転「レベル...

2017年の規模は、カーシェアが車両台数2万8800台で会員数130万3400人、ライドシェアが加入者数11万7000人、シェアサイクルが車両台数9200台、駐車場シェアが駐車場数10万8000カ所で...

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車大手ダイムラーとBMWは28日、自動運転技術分野で提携すると発表した。世界の高級車市場で長年のライバルだが、研究開発費がかさむ自動運転では手を組み、異業種との競争に...

インドネシアの2018年トラック販売台数は6万4000台。19年も同じレベルで推移するだろう。... 次はレベル4を目指すが、市場で最も早く出すことが重要だ。

HVやインフラ整備などのステップを経てEVが普及していくだろう」 ―自動運転では18年末にレベル4の試験走行を公開しました。

(4回連載) 全トラックが“つながる車” ―市場の見通しは。 ... レベル4の実現は25年以降を目標とするが、すぐに社会が受け入れ、無人のトラッ...

UDトラックスは14日、大型トラックの国内販売シェアを数年内に25%へ引き上げ、スウェーデンのボルボグループで同社の強みを生かしたトラックの開発体制を強化すると発表した。... 18年12月に、限定領...

低速で走行する『レベル4』相当の自動運転技術とも位置付けられる。

独ダイムラーは、レベル4の開発に数年間で5億ユーロを投資すると発表。... 欧米の自動車メーカーを中心とした海外勢が、レベル4や同5の自動運転実現に向け積極姿勢をみせる。 ... 人...

(完全自動運転の)レベル4、5はコスト的に車両管理事業者向けになる。... 「20年代の前半には、レベル4は実現するのではないか。... 特定領域での利用になるかもしれないが、レベル4、5に向けた開発...

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツ自動車大手ダイムラーは、今後数年間で5億ユーロ(約623億円)を投じて、高レベルの自動運転技術を備えたトラックを開発する。 同社は投資計画につい...

【名古屋】中部大学と名城大学、金沢大学は、完全自動運転となるレベル4相当の自動運転システムを構築する。

自動運転車や人工知能(AI)などを搭載した車は約4412万台にのぼり、レベル3以上の自動運転が実現される見通し。... 40年には販売されるレベル3以上の自動運転車、約4412万台のうち約92%でレベ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる