137件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

利用資格は知的財産に関する仕事に就いている人や弁理士を目指す受験生。各企業の知的財産部勤務の会社員や弁理士による情報交換の場をつくり、コミュニティーを作りたい考えだ。 宮崎社長は「書...

大阪府、AI・IoT導入支援セミナー 23日に (2018/7/16 中小企業・地域経済)

製造業、知的財産、金融、気象、教育などの分野で人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)の技術を持つ企業がそれらを活用した先駆的な事業やサービスを紹介する。

(特別取材班) ■世界GDP3割、巨大経済圏誕生/保護主義の防波堤なるか 【知財の保護も】 EPAは、関税の撤廃・削減を定める自由貿易協定(FTA...

【負の連鎖】 米国は6月、知的財産権の侵害を理由に中国製品500億ドル分に制裁関税を課すことを表明。... すでに自動運転の特許保有件数は米国を抜き、人工知能(AI)や情報通信でも投...

日本金型工業会会長・小出悟氏に聞く、業界の生き残り策 (2018/6/21 機械・ロボット・航空機1)

今後具体化するIoTや人工知能(AI)などの情報や学びの場を提供する」 ―政府への要望は。 「支払い方法や知的財産保護に関する下請け取引の適正化は、政府の指導もあり...

さらにモノづくり現場に寄り添った活動を支援し、課題解決に必要であれば人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)、ビッグデータなど最新の技術を駆使した製品づくりを推進する。 .....

旭化成は、人工知能(AI)などで特許情報を解析して事業戦略づくりに活用する。... 産業界で知的財産分析の取り組み「IPランドスケープ」を導入しているのは自動車や家電などBツーC企業が多い。

中国は既存の製造業では他国に追いつけないと見て、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など次世代分野で勝とうとしている。そうした目標に向け、国有企業の優遇、知的財産関連をはじめとした対外経済...

AI大規模活用は2% 業界で濃淡 米アクセンチュア調査 (2018/5/28 電機・電子部品・情報・通信)

米アクセンチュアの調査によると、多くの産業で人工知能(AI)を活用して製品の改善に着手し始める一方、なかなか進まないAI活用の実態も浮き彫りとなった。... AI活用を試みる際に企業が直面する課題は多...

今回はモンスターの動作の一部に人の動きを取り入れることで作業量を大幅に軽減でき、コスト削減につながった」 ―人工知能(AI)を活用し、モンスターのリアルさを追求しました。 &...

各大学の取り組み 大阪工業大学知的財産学部と同大学院知的財産研究科は、企業で求められる実践力を養う教育に力を入れている。... 2018年度からは大学院で知的財産のビジネス活用のスキ...

少子高齢社会の日本は、人工知能(AI)やロボットとともに、IoTが産業活性化の切り札になる可能性が高い。... 動き出した知財保護のルール整備  一方、知的財産を保護するルール整備も...

ライフサイエンスや人工知能(AI)のような個別の領域では、日本より先進的な国や地域は存在する。... 藤倉電線(現フジクラ)、日本IBM知的財産部。

【オリックス・井上亮社長/情報武器に】 人工知能(AI)の仕事は情報分析までで次のビジネスに結び付けるのは人間の仕事。世の中にあふれる情報を自分なりに分析し、知的財産として蓄えて武器...

NTTアドバンステクノロジ、知財ビジネス強化 (2018/4/3 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTアドバンステクノロジ(川崎市幸区、044・280・8811)は知的財産ビジネスを強化する。「知的財産ビジネスセンタ」の組織名称を「IPESビジネスセンタ」に変更した。... 同センタ内に「IPビ...

(浅海宏規) 時価総額1兆円/根付かぬ日本…中韓にも大差 仮想現実(VR)や人工知能(AI)技術を用いた運動リハビリテーション治療機器を開発する...

さらに今後は、32ビットマイコンに対する人工知能(AI)技術の搭載を加速する。 ... 一方、6月の株主総会後に社長兼CEOに就任するジャン・マーク・シェリー副CEOは「当社には強い...

ジャパンディスプレイ(JDI)は、2018年度中にも人工知能(AI)を活用した新規事業を立ち上げる。... ソリューションビジネスの開始にあたり、保有する技術や知的財産を活用し、既存顧客とは異なる、よ...

さまざまな業種が持つ産業データや知的財産を駆使することで自動運転車など次世代技術が開花する。... 知的財産紛争が発生した際、時間や費用のかかる裁判に持ち込まずに解決を狙うものだ。... また、人工知...

(2)IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の技術を活用したフロン漏えい検知システム「フロンキーパー」を全国の小売業、製造業へ販売する。... (2)特許技術など自社の知的財産を有効活用して...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる