133件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

IR担当者にとってもSNSを活用していくことは避けて通れない課題だ」(鳥羽田継之) ◇米山徹幸氏(よねやま・てつゆき) 埼玉学園大学特任教授 【...

慶応義塾大学大学院の横田浩一特任教授が「BtoB企業のブランディングの現状とチャレンジ」と題し講演(写真)。

27日にはテレビ番組のコメンテーターとしても有名な岸博幸慶応義塾大学大学院教授がセミナーを行う。

医療費抑制は日本の大きな政策課題だが、実はその具体策について、定量的に議論されることは驚くほど少ない。バイアル(注射薬入り容器)を取り上げた私の研究を紹介し、議論に一石を投じたい。 ...

慶応義塾大学大学院経営管理研究科の岩本隆特任教授は、医療機関で単回使用後に廃棄されていた抗がん剤を複数回利用する体制をつくることによって、年間医療費を319億―410億円削減できるとの試算をまとめた。...

慶応義塾大学大学院理工学研究科修士課程1年の大岡勇太氏と、同大理工学部電子工学科の田邉孝純准教授らの研究グループは、相補型金属酸化膜半導体(CMOS)互換プロセスを使って、世界最高性能のナノメートル寸...

ほかに涌井雅之東京都市大学環境情報学部教授、只野太郎インフォメティス社長、池田裕之日東工業ソリューション技術部長がそれぞれ講演した。12日は岸博幸慶応義塾大学大学院教授や只野氏らが講演する。

「女性の持つさまざまな意見や経験を経営に生かしたい」と3人のうち、新任2人は林美香子慶応義塾大学大学院特任教授と弁護士の祖母井(うばがい)里重子氏を起用。

共同代表として慶応義塾大学大学院の中村伊知哉教授と稲見雅彦教授、東京大学大学院の暦本純一教授の3氏が名を連ねた。

16日は10時半から慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の岸博幸氏を招き、基調講演「アベノミクス日本経済は本当に再生するか〜地方創生の正しい処方箋〜」を行う。

慶応義塾大学大学院在学中に有名進学校・開成高校(東京)で物理の非常勤講師をした後、コンサルティング会社に就職する。... 東京大学など名門大学でITキャンプを受講することは中高生にとって非日常。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の稲見昌彦教授と杉浦裕太特任助教らは、カーペットや洋服をディスプレーにして文字や絵を表示する技術を開発した。

NTTコミュニケーション科学基礎研究所研究主任 小杉尚子 〈プロフィル〉慶応義塾大学大学院理工学研究科修了後、NTTに入社。... ニューヨーク大学客員研究員を経て現職。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘ススム特別招聘(しょうへい)教授と南澤孝太准教授らは、複数の人間が同時に触れられる裸眼3Dディスプレーを開発した。

慶応義塾大学大学院SDM研究科マネジメントデザインセンターは5日13時半から慶大日吉キャンパス(横浜市港北区)協生館で、第1回「『こと』ものづくりシンポジウム〜日本企業のイノベーション創出の課題と対策...

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘暲教授と南澤孝太准教授らのグループは、アーム部分のないシンプルな構造の遠隔操作ロボットでも手を伸ばして家電を操作するような感覚を体験できる技術を開発した。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘暲教授と南澤孝太准教授らのグループは、遠隔操作用の小型で安価な体感ロボット「テルビー=写真」を開発した。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の杉浦裕太特任助教の夢は、クッションやぬいぐるみ、ソファなど身近で柔らかいモノにコンピューターを入れ、人とコンピューターの距離をぐっと近づけることだ。... 小...

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の稲見昌彦教授と杉浦裕太特任助教らの研究グループは、スマートフォンで握力などの力を検出する技術を開発した。

研究会の座長には、磯辺剛彦慶応義塾大学大学院教授が就任した。産業界からは谷田千里タニタ社長、出口治朗ライフネット生命保険会長兼最高経営責任者(CEO)が参加したほか、官からは林康夫ジェトロ顧問(元中小...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる