428件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

経済産業省の2018年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)にも採択され、20年度までの計画で開発を進めている。... 同社がブレード(羽)を手がける次世代型航...

曲がる有機ELパネル、山形大とNSCが開発 (2019/1/22 科学技術・大学)

2枚のガラス板を用いた封止構造で、単体のガラス板の厚さは0・07ミリメートルまで薄型化した。... 今回の成果は、経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業の一環。大型ガラス基板の精密ケミカル研磨技術を...

ちょっと訪問/アイカーボン CFRP繊維回収 再利用 (2018/12/13 素材・ヘルスケア・環境)

八戸工業高等専門学校が開発した技術を基に、廃材を焼成・炭化させた後、電気分解して繊維を回収。... 水に分散させたスラリーを商品化したところ「不織布を造る製紙会社の評判も高い」(伊集院乗明社長...

「このほど通算2回目のサポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)に採択された」と誇らしげなのは、岡谷熱処理工業(長野県岡谷市)社長の西沢邦治さん。

フレキシブルデバイスの耐久試験機 ユアサシステム機器(岡山市北区、湯浅信夫社長、086・287・9030)は、軽量、薄型、曲げられるといった特徴を持つフレキシブルデバ...

ジュークス、白金減らし高効率発電 燃料電池触媒を開発 (2018/11/20 素材・ヘルスケア・環境)

【盛岡】ジュークス(岩手県久慈市、城内治社長、0194・61・1977)は、燃料電池の電極触媒に使用する合金の低白金化技術を確立し量産に乗り出す。竹口竜弥岩手大学教授が開発した発電効率...

2018年度の経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択された。 製品化の工程は2段階。... ただ、安価な生成には単糖を効率的に得る技術が課題になる...

長野鍛工、難加工材の高成形実現 第1弾にインコネル (2018/9/11 素材・ヘルスケア・環境)

第1弾で実用化するのは、インコネルをターボチャージャー(過給器)の部品に加工する技術。... 2016年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の戦略的基盤技術...

関東経産局、サポイン29件採択 (2018/7/18 中小企業・地域経済1)

【さいたま】関東経済産業局は2018年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)29件を採択した。... 認定事業者と計画名は次の通り。 ▽坂口電熱(東京...

民間の研究施設、教育機関、公設試向けに繊維強化プラスチックの形成技術、樹脂の配合・積層の条件出しといった用途を見込んでいる。 直接加熱の新技術は2015年度の経済産業省の戦略的基盤技...

不撓不屈/佐々木化学薬品(1)薬品の枠を超えて (2018/6/19 中小企業・地域経済1)

経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択された。... 2018年度内に試作品の開発を終え、3―5年以内の実用化が目標。... 【環境に関心】 新規...

ガラス基板に微細配線 オーエム産業が新工法 (2018/4/3 機械・ロボット・航空機2)

【岡山】オーエム産業(岡山市北区、難波圭太郎社長、086・241・3201)は、レーザー加工とメッキ技術を使い、基板に短工程で安価に微細配線を形成する工法を開発した。... この溝は粗...

北九州市、中小の設備投資で免税 政府法案に対応 (2018/3/7 中小企業・地域経済2)

【北九州】北九州市は市内で操業する企業を支援するため、新規設備の固定資産税を最大3年間免除する。政府が今国会に提出した「生産性向上特別措置法案」に沿った特例措置で、認定された企業は「ものづくり・サービ...

北海道が一元的な受付窓口となり、公道での実証試験手続きの負担軽減やニーズに対応した道路に関する情報でも支援する。... 北大などの取り組みは、経済産業省の17年度戦略的基盤技術高度化支援事業(...

【諏訪】中村製作所(長野県箕輪町、宮原友保社長、0265・79・3880)は、自社開発の順送プレス専用機を利用した塑性加工「オーロラフィン工法」によるヒートシンク事業を加速する。......

アカネ、銅と黒鉛の複合材を開発−熱伝導率2倍超 (2018/1/15 素材・ヘルスケア・環境)

通電加熱と加圧を違う方向から行うため、焼結時の製造条件を最適化しやすい。黒鉛鱗片の向きを整えて不純物を取り除く前処理とも合わせ、800台の熱伝導率の焼結品を安定的に作れるようになった。 ...

高効率で迅速な対応が迫られる研究開発用途を手始めに、2018年4月以降の商品化を目指す。 ... 15年度の経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択...

シラス壁に蓄熱機能 高千穂、省エネ性向上した塗壁材 (2017/11/17 建設・エネルギー・生活1)

経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)を活用して研究開発した。

微小めっき研、次世代半導体向け銅メッキ技術を事業化 (2017/10/18 素材・ヘルスケア・環境)

大阪府立大学発ベンチャーの微小めっき研究所(堺市北区、近藤和夫社長、072・254・9304)は企業連携を組み、次世代半導体デバイスの製造に使う銅メッキ技術の事業化に乗り出す。... ...

この研究員はこの分野の世界的な研究者で、この課題に関する研究を行っており、当社の技術でその測定技術の製品化を目指すことができる、また、それが当社の課題解決につながると考え、共同研究をお願いした。...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン