515件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

各行は自前主義からの脱却を旗印に掲げ、キャッシュレス決済やブロックチェーン(分散型台帳)技術などの開発を加速。... 巨額買収の背景の一つには、製薬企業の新薬開発費が増加する一方だと考えられていること...

バイエル薬品、オープンイノベの募集開始 (2019/4/19 素材・医療・ヘルスケア)

バイエル薬品は新薬開発や診断を支援する新技術を公募するオープンイノベーションプログラム「G4Aディールメイカー」の募集を始めた。... 人工知能(AI)ベンチャーや情報系企業などから提案を募り、新技術...

九州大が持つ研究資源と新日本科学が持つ臨床試験ノウハウを融合させ、がん免疫研究の発展と新薬開発の実現を目指す。

キリンは13年に当時揚げた綜合飲料戦略に基づき、国内事業の研究開発や調達、マーケティングなどの機能を集約し専門性強化と事業効率化を目的に設立。... 【中計の目玉】 協和発酵キリンは...

キッセイ薬品、中央研究所・製剤研究所を公開 (2019/3/21 素材・ヘルスケア・環境)

同時に、腎臓や泌尿器系および希少疾患向けなど今後の新薬開発ロードマップを解説した。

「既存薬からスクリーニング(選抜)するので、完全な新薬を創るより期間とコストがかからない」(細谷教授)。 富山県大も榊利之教授らが新製剤技術の開発を進めている。... 富山では新薬開...

【名古屋】藤田医科大学は、ウシオ電機子会社のプロトセラ(大阪市淀川区、田中憲次社長、06・6415・9620)と、発達障害の一種である自閉症スペクトラム症の新規治療薬開発で共同研究契約を結んだ。...

ただ水中で機能する半導体という難題で開発を担う企業が見つからず、豊橋技科大の設備で5年かけて開発した。 ... 新薬開発で薬の効果や影響を検査する際に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)...

後継機の開発が進んでおり、2021年から運用開始する予定。 ... 防災や新薬開発などに活用され、民主党政権下の事業仕分けで、蓮舫氏から「世界一を目指す理由は何か。

新薬開発での化合物同定、極微量な体内代謝物の同定など、高感度での定性分析が必要な試料に対し、高精度に定性・定量の両方ができる装置として提案する。 ... 開発終盤戦。... 独自開発...

協和発酵キリンは新薬開発を中心に医薬事業に専念する。

ビッグデータや人工知能(AI)による新薬開発や医療の効率化も挙げた。... 例えば患者が治療後に社会復帰したり、介護者の負担が軽くなったりして労働生産性が上がった場合や、新薬の研究開発を通じて病態が解...

2018年十大新製品賞/増田賞 塩野義製薬「ゾフルーザ」 (2019/1/25 素材・ヘルスケア・環境)

この新薬開発を語る上で外せないのが、13年に販売を始め塩野義の屋台骨になっている、抗エイズウイルス(HIV)薬「テビケイ」だ。

ヒト生体における中枢神経系に近い環境で新たな評価方法を構築でき、新薬の研究開発の効率化につながる。... 新薬開発では、多額の費用が必要となる臨床試験を実施する前に、効率的かつ高精度に有効性と安全性を...

新薬メーカーは多額の研究開発費を必要としており、武田薬品も長期的には大胆な決断を再度求められる可能性もある。... 【増える開発費】 製薬業界では未充足の医療ニーズや創薬手法の変化に...

【開発分子選ぶ】 創薬は、標的となるたんぱく質への結合力や特異性、溶解性などに加え、製造コストなどさまざまな要素について、実験を通じて勘案し、開発する分子を選び出すプロセスだ。......

挑戦する企業/キリンHD(9)協和発酵キリン(上) (2018/12/17 建設・エネルギー・生活)

新薬開発進め長期成長 【抗体医薬に強み】 「買収されるリスクが低いことで、研究開発に緊張感がなくなるのではないか」―。... 新薬メーカーは特許の切れた先発品で稼ぐ...

ミトコンドリアの異常は心不全や難病と関連があり、ミトコンドリアの機能保護での心筋修復による心不全治療薬などの新薬開発につながる。

しかし、せっかくの新薬も患者の手に届かないと意味がない、新しい「制度のイノベーション」の議論を同時に進める必要がある。 ... 交通事故で下半身不随の人が再び歩ける技術、失明した人が...

国立がん研究センター先端医療開発センターの山本昇新薬臨床開発分野長は、パネル検査によって、「標準治療が奏功せず、検査で見つかった遺伝子異常に適した薬があれば、治験などの治療選択肢が見つかる可能性がある...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる