146件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

環境省と経済産業省は30日、中央環境審議会(環境相の諮問機関)と産業構造審議会(経産相の諮問機関)の合同会合で、日本の2020年以降の温室効果ガス削減目標について「30年度に13年度比で26%減」とす...

(総合2に関連記事) 経産省が固めた骨子案では、原発を含む1次エネルギー自給率を現在の6%から25%(震災前20%)まで引き上げる目標を織り込んだ。... 二酸化...

2030年時点の温室効果ガスの削減目標をめぐり、政府が「13年比で26%減」とする原案をまとめたことが分かった。... 削減の起点となる基準年をめぐっては、従来の政府目標で使用してきた05年比を変更す...

一方で、再エネの比率は13年度で10・7%にとどまっており、30年にかけて2倍以上に高める目標を設定する見通し。... 政府は6月に開かれる主要7カ国(G7)首脳会議で、新たな温室効果ガス削減目標を打...

併せて日本の温室効果ガス削減目標について、現実的で無理のない目標にすることなどをあらためて要望した。... さらに、温暖化対策として二国間クレジット制度(JCM)を日本の削減目標に計上することは、海外...

残りを再生エネや天然ガス、石油などで賄う。 ... 政府は6月上旬にドイツで開く主要7カ国(G7)首脳会議前までに温室効果ガス削減目標を決める見込み。削減目標の前提として、エネルギー...

政府は、13年11月の国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)までに温室効果ガス25%削減目標をゼロベースで見直すことを表明。省エネ技術で世界に貢献するという攻めの地球温暖化外交戦略を立...

試験高炉で総合的に効果を検証するとともに、水素還元の効果を最大化する制御技術を確立する。 ... 07年時点から「CO2排出量の3割削減」を目標とし、30年ごろまでに技術の開発を、5...

だが日本は15年末の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)開催に向け、新しい温室効果ガス削減目標を定めるための前提となる電源構成比を、同年夏までに決める必要がある。

政府は20年以降の温室効果ガス削減目標を15年中に策定する方針で、企業のCO2削減活動が再び活発になりそうだ。 ... 50年目標は総量を削減する。... 日本政府もCOP21に向け...

【リマ=時事】国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)で、望月義夫環境相は演説し、2020年以降の温室効果ガス削減目標の提出時期に関しては「できるだけ早期の提出を目指す」と述べるにとどめ...

経済産業省と環境省は12日、2020年以降の温暖化対策の目標設定に向け有識者で構成する会議を開き、主要6業界のうち鉄鋼、自動車など3業界が30年の温室効果ガス削減目標案を公表した。... 一部の委員は...

外相はこの中で、焦点となっている20年以降の温室効果ガス削減目標について「日本としてもできるだけ早期に提出することを目指す」と表明した。 日本の削減目標に関しては、東京電力福島第一原...

この結果、京都議定書の温室効果ガス削減目標「90年比6%削減」のうち、京都メカニズムのクレジット購入で計画した1・6%分の削減にあたる、約1億トンの取得目標をほぼ達成した。 日本は京...

後継の「低炭素社会実行計画」では20年度にCO2を05年度比500万トン削減を目標に掲げる。... 気候変動枠組み条約締約国会議(COP)の京都議定書では各国の温室効果ガス削減目標を政治的に策定した「...

【温室効果ガス削減−目標設定、困難続く】 ≪稼働見通せず≫ エネルギー基本計画で電源構成の決定を先送りしたことにより、温室効果ガスの削減目標の設定は困難な状況が続く...

【世界に消極的メッセージ】 ところで、本年11月、地球温暖化防止の国際会合(COP19)がワルシャワで開催されたが、安倍内閣が提出した日本の温室効果ガス削減目標は、「05年比で20年...

2020年以降の温室効果ガス削減目標の設定が課題になっている。... 本来であれば、エネルギーの電源構成を決めた上で温室効果ガスの排出削減目標を決めるのが筋であり、現状は本末転倒だ。... 産業界はこ...

国連で2020年以降の温室効果ガス削減目標を15年に設定することも決まり、国際社会に日本のエネルギーミックスの姿を早急に提示する課題は積み残される。 ... 一方...

【ワルシャワ=時事】国連気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)は23日、2020年以降の温室効果ガス削減目標を、各国が15年12月に開かれるCOP21の「相当前」に提出するとの合意文書を採...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる