230件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

石炭火力発電を残し、予備力や調整力として機能させたらよい」 ―電源構成や温室効果ガス排出削減は規制なので、自由化と相反すると思われます。 ... 温暖化対策を考える...

すべての国が温室効果ガス排出削減目標をつくり、今世紀後半には人間活動による排出の実質ゼロを目指す。

REDD+参入のポテンシャル(2)熱帯林保全 (2016/4/19 素材・ヘルスケア・環境)

REDD+は、温室効果ガス排出削減効果を通じて熱帯林保全に資金を呼び込む仕組みであり、中でも民間資金の活用の可能性が高まっている。 ... また、機関投資家等で構成され、企業に対して...

丸川珠代環境相は8日、林幹雄経済産業相を訪れ、計画が相次ぐ石炭火力発電所の新設について電力業界による温室効果ガス排出削減策の徹底と、経産省の管理体制強化を条件に容認する方針を伝えた。環境省は電力業界が...

日本が提出した自主的な目標(約束草案)で、特に大幅な温室効果ガス排出削減を見込むのが業務・家庭部門。... 歳出削減の動きは見られなかった。... 改めて聖域なき歳出削減とあるべき税制への抜本改革が財...

先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書に代わり2020年以降、途上国を含むすべての国が協調して地球温暖化対策に取り組む体制になる。... だが、経済発展に伴い途上国側の温室効果ガス排出量が...

パリ協定では、各国に温室効果ガス排出削減の国内対策の実施を義務づけている。... 例えば中国は17年から排出量取引制度を全国規模に拡大する。... ただ排出削減はエネルギー消費を抑え、コスト削減にもつ...

先進国に温室効果ガス排出削減を義務付けた京都議定書に代わり20年以降、途上国を含む条約加盟の196カ国・地域すべてが協調して地球温暖化対策に取り組む体制になる。 (トピックスに「深層...

日本では太陽光発電の導入に逆風が吹きつつあるが、温室効果ガス排出削減目標の達成には再生エネの利用拡大が欠かせない。... 温室効果ガス排出規制が強まると石炭火力が使えなくなるためだ。

先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(1997年、COP3)に代わり20年以降、すべての国が参加する新たな法的枠組みの採択を目指す。... 京都議定書に参加しなかった米国、世界最大の排出...

【ボトムアップ】 1997年に日本で開かれた国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第3回締約国会議で、先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(COP3)はいわばトップダウ...

30日にパリで始まる国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の第21回締約国会議(COP21)は、先進国だけに温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書に代わり、すべての国が参加する法的枠組みの採択を目...

先進国に温室効果ガス排出削減を義務づけた京都議定書(1997年、COP3)に代わり20年以降、すべての国が参加する新たな法的枠組みの採択を目指す。... 【海面上昇被害】 これまでの...

11月末にフランス・パリで始まる国連の気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で、国際社会は温室効果ガス排出削減の新しい目標に合意する見通しだ。温暖化対策が新局面に入ろうとする中、温室効果ガ...

◇ 【日本排出26%減】 13年度比26%減が日本の30年までの温室効果ガス排出削減目標だ。... もうひとつは電力やガス、石油などすべてのエネルギー需要の13%削...

11月30日にフランス・パリで始まる国連の気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に向け、10月1日までに147カ国・地域が温室効果ガス排出削減目標(約束草案)を国連に提出した。... 国連...

地球温暖化対策として、温室効果ガス排出削減で気候変動を抑える「緩和」と、気候変動による被害を防ぐための「適応」がある。... 余分に費用がかかるかもしれないが、何十年か先に適応の必要性に迫られてから対...

2030年度の国の温室効果ガス排出削減目標が13年度比26%減に決まった。達成にはガスや電力などあらゆるエネルギー消費を13%削減する必要がある。... 設備担当者が他の業務と掛け持ちをしているような...

富士通は28日、情報通信技術(ICT)の提供によって2014年度は1397万トンの温室効果ガス排出削減に貢献したと発表した。... ICTの利用による紙書類の削減などの効果を二酸化炭素(CO2)換算し...

2030年の国の温室効果ガス排出削減目標が決まろうとしている。... 二酸化炭素(CO2)の排出削減などおなじみの項目が並ぶ中、「環境問題を啓発する映像を世界で5億人以上に視聴してもらう」という新しい...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる