電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,892件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

そうした不確定な環境下でも同社は納期順守率99・96%を達成。

この高分子系ハイブリッド複合材料を用いれば、すぐにでも軽量液体水素タンクを実現できそうだが、極低温の液体水素浸漬環境下で、熱膨張率の大きく異なる材料をハイブリッド化した複合材料が十分な力学特性を示すか...

また使用温度域が300度C以上で、劣化につながる硫黄や水分が多い過酷な環境下でも性能を維持できる触媒を開発する。

自由に改変できるオープンソースの自動運転システム「Autoware」の開発を主導し、世界のあらゆる環境下で自動運転の実証実験を行っている。

車・ロボ業界に提案 ネクスティエレクトロニクス(東京都港区、柿原安博社長)は、ジーデップ・アドバンスと共同で、米エヌビディアの画像処理半導体...

強度や厳しい環境下での耐久性が要求される半導体製造装置や航空機向けなどに供給する。... 【論点】社長・清水哲也氏「棒鋼・線材でシェア拡大」 ―足元の事業環境と今...

整備士に向けてもそうだが、拠点を利用する運転手にとっても使いやすい環境を整える。... 国内商用車の再編が進む中、いすゞグループとしてのシナジーの最大化も不透明な環境下で勝ち抜く手段となる。

理研など、エタノールでトマトの高温耐性強化 (2024/2/22 科学技術・大学1)

研究グループはこれまでに、エタノール投与により植物の乾燥や塩などへの環境ストレス耐性を高められることを発見。... トマトの幼植物体にエタノール投与後、50度Cの環境下に置いたところ、投与しない場合よ...

能美防災、PFAS不使用の泡消火薬剤開発 (2024/2/21 機械・ロボット・航空機2)

成分の材料選定を見直し、高温高煙濃度の火災環境下でも泡立ちやすい合成界面活性剤泡消火薬剤を開発した。規制強化が進むPFASを使わない環境に配慮した製品として展開していく。

世界最小級の消費電流 ロームがオペアンプ開発 (2024/2/21 電機・電子部品・情報・通信1)

動作温度範囲のマイナス40―プラス105度Cでは、消費電流がほぼ変化しないため、外部温度が変化する環境下でも安定して省電力動作が可能。火災報知器や環境センサーといった用途での利用を見込む。 &...

加えて市場駅から樫山駅間は鉄道路線の中でも勾配がきつく、同環境下で一定の高度を保って自動飛行できたことの意義は大きい。... 一方、実証では線路上の高架下でドローンが自動飛行ができなくなることを確認し...

マンダムと阪大、口臭悪化の仕組み解明 (2024/2/20 科学技術・大学)

口腔常在細菌のグラム陽性球菌「Sg菌」と、歯周病関連のグラム陰性細菌「Fn菌」が同一環境下に共生すると、Fn菌による口臭原因物質の中で特に強い臭気を出すメチルメルカプタンの産出量が約3倍に増える。

石橋秀一グローバル最高経営責任者(CEO)は「厳しい環境下でも継続して投資を強化する」とし、24年12月期の設備投資計画は同約100億円増の約4300億円に設定した。

特殊鋼6社の4ー12月期、4社経常減益 価格改善も販売数量減 (2024/2/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本高周波鋼業はコスト低減を進めたものの、厳しい環境下で売上数量が落ちて経常損益は約10億円の赤字。

東邦ガスが防熱カバー開発、サウナで端末使える (2024/2/15 生活インフラ・医療・くらし)

一般的な端末の最大動作温度は50―60度Cのため、80―90度C程度のサウナに持ち込むと故障する可能性があるが、防熱カバーは室温85度Cの環境下で連続30分間、端末に伝わる温度を50度C以下に保てる。...

素顔/ダイハツ工業社長に就任する井上雅宏(いのうえ・まさひろ)氏 対話で信頼を勝ち取る 「厳しい事業環境下でもコミュニ...

高炉3社の通期見通し、2社が事業増益 適正利ざや・コスト低減 (2024/2/12 素材・建設・環境・エネルギー)

森高弘副社長は「厳しい環境下でも(23年4―12月期は)大変良い決算。

ENEOS、大気中CO2回収実証 脱炭素後押し (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー2)

ENEOSは今後1年かけて、回収したCO2の濃度や、高温多湿という日本固有の環境下での回収量と消費エネルギーの変化、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)など大気中...

循環素材「紙糸」に注目 プラ代替など用途拡大 (2024/2/5 素材・建設・環境・エネルギー)

そもそも環境に優しい植物由来で、使用削減が進むプラスチックからの代替や脱炭素化で注目される。... 熱が伝わりにくく、真夏環境下の温度は天然の芝生と同等程度。... 国際紙パルプ商事は紙糸製品を通じ、...

日建設計、仮想・現実融合空間に新機能 発言者の感情可視化 (2024/2/1 素材・建設・環境・エネルギー1)

ハイブリッドワーク環境でのコミュニケーション機能を検証するのが狙い。... 同社は今後、オフィスにいる人同士やリモートワークの人同士のコミュニケーションも含めて実証実験を重ねることで、ハイブリッドワー...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン