電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

83件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

原料には植物性の米ぬか油や大豆油、パーム油といった油脂が使われることが多い。

それをイシグロ農材(同)がもみ殻や米ぬかなどと発酵させて半年で堆肥化する。

米ぬか油由来の印刷インク「ライスインキ」の使用マークだ。... 米ぬかは玄米を精米する過程で発生する副産物。ライスインキは廃棄物の米ぬかから抽出した油が原料であり、その利用は廃棄物削減につながる。

新潟県産コシヒカリの米ぬかエキスを配合した「越後こしひかりの湯」や、日本酒の香りを追求した「新潟淡麗の湯」など4種類。米ぬかエキスの粉末化、香りの持続性などを新潟県工業技術総合研究所と共同で研究し、商...

フランス系品種がベースで、飼料に米ぬかを配合するなど工夫を施し、ほどよい弾力で味が濃い。

米ぬかの発酵エキスやヘチマ、植物種子油など国産、無農薬、有機栽培の原料にこだわってきた。

米ぬかから取れる化合物を餌に混ぜ、魚に食べさせることで成長を早める研究を行う。

また以前は乳化剤に香りの強いオリーブオイルを使っていたが、新たに米ぬか油を採用し、より自然な風味に近づけた。

同校物質工学科助教の長坂玲子氏が、「米ぬかを用いた養殖魚の高品質化」について講演する。

▽バン(徳島市)=竹粉末にプロバイオティック乳酸菌を用いた養殖飼料混合物の開発▽マシンパーツ(徳島県松茂町)、LTTバイオファーマ(東京都港区)...

「なにわ椎茸」はナラ材などのチップに米ぬか、ふすま、海草などを混ぜた独自の菌床(大きさ約22センチ×約12センチ×約20センチメートル)を数カ月間、里山などの自然環...

「なにわ椎茸」はナラ材などのチップに米ぬか、ふすま、海草などを混ぜた独自の菌床(大きさ約22センチ×約12センチ×約20センチメートル)を数カ月間、里山などの自然環...

セラリカNODA(神奈川県愛川町)は木ロウや米ぬかなど100%植物成分のワックス製品をはじめ、自然素材を生かした製品を開発。

米ぬかを原料とした有機肥料の開発など研究開発への意欲は高い。

同社は米ぬか油から取ったライスインクを新潟県内で初めて採用した。

木ロウ、米ぬかなどから抽出した成分からなり、これまでの集大成ともいえる製品だ。

東洋インキ製造は国内に豊富にある米ぬか油を原料に使った環境調和型インク「ライスインキ」3製品を開発、発売した。... 米ぬか油の含有率は「WDレオエコー」が7%以上、「TKハイユニティ」と「ア...

大阪府立大学大学院工学研究科の吉田弘之教授らのグループは米ぬかを約200度C、約15気圧という高温高圧状態の水(亜臨界水)で数分間、加水分解処理して、重量比で15%以上の米ぬか...

その後おがくずや米ぬか、水といった材料をミキサーで混ぜ合わせ、培地を作る。

機能成分の正体は、3種の菌を米ぬかとブドウ糖の培地で発酵することで出る代謝物。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン