88件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

両社合わせた粗鋼生産能力が年間約5000万トンのところ、近い将来に6000万トンから7000万トンに増やす。... 国内では製鉄所の生産品目再編や効率化により年間1500億円規模の統合効果を目指す。&...

両社合計で粗鋼生産能力を現在の年間5000万トンから6000万―7000万トンに増やすなど、個々の経営目標もいかにも手堅く、派手さはない。... (1面参照、清水信彦、宮里秀司) 【...

9月の生産再開を目指して石巻の復旧を急ぐ中、8月には、国内洋紙生産能力の約15%に当たる年間80万トンの生産能力を2012年9月までに削減する構造改革策を打ち出した。... 09年には同社も15機の生...

10年の年頭に開かれた中期経営計画発表会で宗岡社長は「(グループ会社を合わせて)国内年間4000万トンの粗鋼生産能力を、5年後から10年後までに5000万から6000万トンまで引き上げたい」とぶちあげ...

「生産量で見るとアルセロール・ミタルはあるし、中国勢同士が合併すれば1位になるかも知れない。... 粗鋼生産能力5000万トン級の会社をトップクラスという言い方もあるかもしれないし、技術力や品質力が重...

受注したラインは年間生産能力70万トン、薄板を処理するスピードは毎分450メートル。... 安陽鋼鉄は年間粗鋼生産能力1000万トンで中国13位の鉄鋼メーカー。これまで形鋼や厚板を生産してきた。

第3高炉の火入れに伴い、現在稼働中の第2高炉を休止する予定で、より効率的な生産体制を確立する。 今回の火入れにより、福山地区の粗鋼生産能力は年間1300万トンとなる。西日本製鉄所の粗鋼生産能力...

年間粗鋼生産能力5500万トン、世界第2位の鉄鋼メーカー誕生に向けた動きは、同業他社やユーザー業界にも当然、波紋が広がる。 ... 海外で生産する車には現地の鋼材を使う方針だが、日系...

中国でも赤字メーカーが増えて鋼材値上げの動きがあり、需給も市況もいずれ改善されるはずだ」 ―粗鋼年産4000万トンの能力を5000万―6000万トンに増やすグローバル・プレーヤー戦略...

日本鉄鋼連盟は10年度と11年度の粗鋼生産量をともに年間1億1000万トンと予想。... 高級鋼中心の日本勢と直接競合するとは言いきれないが、技術力を年々高めつつあることや、巨大な過剰生産能力から生み...

スラブと呼ばれる鉄鋼中間材料を年間300万トン生産する能力を持ち、11年初頭に着工、14年末に稼働する予定。... なおこの計画の第2期に当たる年間スラブ生産能力300万トンの製鉄所については、今のと...

ウジミナスはブラジル国内2製鉄所に5基の高炉を持っており、粗鋼生産能力は年間920万トン。... 新日鉄広報は「現在行っている下工程の増強により、年間280万トン規模の粗鋼生産能力の増強が今後必要にな...

【POINT】 1.10年度下期はアジアへの中国材輸出は減少 2.中国国内では在庫調整が進まず 3.12次5カ年計画当て込み能力削減も進まず 年間粗鋼生産能力...

自動車用鋼板などの高級鋼を現地生産することで巨大市場インドの獲得を狙う。... 自動車用鋼板分野では、JSWをインドの現地生産拠点と位置づけ、生産技術の供与や半製品の供給を行う。... インド鉄鋼省に...

86年にはコメの生産量は6万トンであったが、わずか20年後の07年には130万トンと急拡大していた。... また、北部湾には貴州、雲南、チベット等の中国西南地域開発を意識した巨大な石油精製基地(精製能...

需給ギャップ解消に向けた生産能力調整の取り組みについても中国当局から言及があったという。... 生産能力の過剰が早急に解消することは、期待しにくい状況だ。 中国鋼鉄工業協会の推計を基に日本鉄鋼...

販売は日本の粗鋼生産能力を考えれば「中国などアジアが中心になる」(同)。... 豪英系資源メジャーのBHPビリトンと豪州で合弁生産。... 対して、三井物産の鉄鉱石持ち分生産量は年4100万トン。

かたや日本勢はほとんど償却を終えた古い設備を、地道な努力で延命して使う能力にたけている。... 「来年には国内の年間粗鋼生産能力3300万トン体制が整い、それが一応国内の最終形と考えている。... で...

JFEは現地で高い伸びが見込める自動車用鋼板の生産に向けた協業だけでなく、JSWが計画する新しい高炉一貫製鉄所の建設にも、出資による参画を計画している。 ... 仮に両社の計画がすべて稼働すれ...

そもそも当社の粗鋼生産能力はフルで動かして月31万トン。... 「粗鋼の余力が月4万トン残る。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる