129件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

実現すれば国内で初めて、重篤な肝硬変症の患者に投与する肝臓再生療法に利用する。 ... 肝硬変では、肝移植が唯一の根治療法と言われる。

12週の治療後12週目のウイルス学的著効(SVR12)率は全体が98%(患者261中255人)だったが、非肝硬変患者のパープロトコル解析では100%&#...

他方、日本人の約30%が罹患(りかん)しているといわれ、その中の一部は肝臓に炎症を起こし続け、肝硬変、更には肝細胞がんに移行する可能性があります。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の團迫(だんさこ)浩方助教や加藤宣之教授らの研究グループは、肝障害を起こし、肝硬変や肝細胞がんの原因となる「B型肝炎ウイルス」の感染に対抗する体内の新し...

山口大学とは肝硬変治療のための再生医療で臨床研究を行っている。

がんなどの3大疾病だけでなく、慢性腎不全や肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患を加えた7大疾病を患った場合、治療費などに充てる一時金を最大500万円支払う。

同薬はジェノタイプ2型C型慢性肝炎または、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効果・効能とする。

◇手嶋秀士郎氏(70歳、てしま・しゅうしろう=元三井生命保険常務)9日肝硬変のため死去。

今後は肝硬変やアトピー性皮膚炎など独自の試薬を中心に追加し、数年内に検査項目を30程度まで増やす。

慢性肝炎や肝硬変、肝がん患者の75%がHCVに感染しているとの報告もある。

同社は山口大学と肝臓の再生医療として肝硬変治療技術を研究している。

肝炎は肝硬変や肝がんに進行する比率が明らかで、治療コストや経済性を示しやすい。

大阪大学大学院薬学研究科の水口裕之教授らは29日、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)、レジエンス(東京都港区)と共同で、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い...

同薬は肝硬変やC型慢性肝炎といった疾患の診断・治療にあたり、血中のIV型コラーゲンの測定に使用する。この量を測ることにより慢性肝炎から肝硬変に至る肝線維化の進行度を把握しやすくなり、治療方針決定や発が...

同社は山口大学と共同で肝臓再生を目指した肝硬変治療で、患者から採取する骨髄液の量を低減する技術の開発などにも取り組んでいる。

飯盛正大氏(82歳、いいもり・まさひろ=元第一勧業銀行〈現みずほ銀行〉専務)16日腎不全・肝硬変のため死去。

肝炎は肝硬変、肝がんと進行し、治療費が膨らむ。

日東電工は薬物を患部に選択的に届ける薬物送達システム(DDS)技術を使い、siRNA(低分子2本鎖RNA)を使った肝硬変治療用の核酸医薬品を健常者に投与する安全性...

肝臓の疾病は組織の線維化が進み、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへと移行していく。血中ヒアルロン酸の測定は肝硬変と非肝硬変の鑑別に有効で、C型慢性活動性肝炎のインターフェロン治療の効果予測にも有用性が高い。...

慢性肝炎が肝硬変や肝がんに進行し、肝がんの原因の80%がC型肝炎とされる。

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン