68件中、4ページ目 61〜68件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

平成の環境産業史(6)エコマーク 市場規模4兆円に成長 (2019/4/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

持続可能な開発目標(SDGs)、脱炭素、脱プラスチックと厳しくなる社会要請への対応も課題だ。

カネカとセブン&アイ・ホールディングス(HD)は15日、100%植物由来で土・海中の微生物により分解できるプラスチック「カネカ生分解性ポリマーPHBH」を用いたストローを共同開発すると発表した。......

すでに量産準備を整えており、“脱プラスチック”素材として幅広く提案する。 ... 海を汚染するプラスチックゴミが国際問題化し、使い捨てプラスチック製品の削減や代替素材が求められている...

海洋汚染の防止などを背景に、使い捨て容器などの「脱プラスチック」の動きが進んでいることについて、「紙の機能を見直していただける良い機会」と捉える。

TBM(東京都中央区、山﨑敦義社長、03・3538・6777)は、バイオマスプラスチック(バイオ樹脂)の機能を高める改質剤技術を持つBioworks(バイオワークス、京都府精華町)を買収した。... ...

海洋プラスチック汚染問題に端を発した脱プラスチックの議論がかまびすしい。... 今、真に話し合うべきは脱プラではなく、脱プラ使い捨てだ。 ... プラスチック循環利用協会によると、1...

海洋汚染の防止などを背景に脱プラスチックの動きが進む中、樹脂製容器の代替として飲料メーカーに提案する。

ファミマ、プラ容器の品目数集約 廃棄量・コスト削減 (2018/9/12 建設・エネルギー・生活2)

ファミリーマートは弁当などに使うプラスチック容器などの種類を減らす。... 外食業界では、プラスチック製ストローの提供を止める動きが相次いでいる。「脱プラスチック」を進めようとの機運が高まる中、コンビ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる