441件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

高齢化による患者の増加や医療費の増大が課題にある中、他分野、他診療科間の連携を通じて骨折後の手術までの待機時間を短くし、患者の合併症や寝たきりになるリスクの軽減につなげる。... 日本ではこの問題に取...

レセプト(診療報酬明細書)や特定健診などのデータを集めて保健医療データプラットフォームの構築を目指す。

遠隔診療は18年の診療報酬改定などから需要増加が期待され、同7・2倍の36億円とした。

厚生労働省は診療報酬改定で多職種の連携を後押しする施策を盛り込んでおり、市場が活性化する可能性がある。... 厚労省は18年度の診療報酬改定で医療と介護の両サイドからのアプローチで連携を後押しする施策...

厚労省と経産省、日本健康会議はレセプト(診療報酬明細書)や特定健診などのデータを基に保険者単位のレポートを作成。

キヤノン、通期見通しを下方修正 営業益3785億円 (2018/7/27 電機・電子部品・情報・通信1)

このほか、過熱気味だった有機ELパネル投資が一時的に調整局面に入ったことに加え、4月からの診療報酬改定によって医療機器の買い控えが継続していることなども織り込んだ。

OKIデータ、医療向けプリンター販売拡大 今年度20%増へ (2018/7/10 電機・電子部品・情報・通信2)

SIと連携し、歯科向けのレセプト(診療報酬明細書)コンピューターや調剤向けシステムの一環としてプリンターの採用を提案する。

総合評価加算は医療機関の診療報酬増につながるため、需要増が見込める。

16年度診療報酬改定では医師や薬剤師などの技術料に当たる本体部分はプラス改定となった一方、薬価はマイナス改定だったなど、薬価が狙い撃ちにされることは過去にもあった。

課題のもうひとつが「腹腔鏡手術などと診療報酬の点数が同じ点」(滝沢一浩社長)。... 20年の診療報酬改定に向け、学会を挙げてダヴィンチを用いた症例数を獲得したり、エビデンスの取得を進めたりする。.....

東邦HDは調剤薬局向けのレセプト(診療報酬明細書)コンピューター拡販などで収益力の向上を図る。

帝人の前3月期、営業益23%増 車用アラミド繊維好調 (2018/5/10 素材・ヘルスケア・環境)

19年3月期は薬価・診療報酬の改定などがヘルスケア事業の減益要因となり、営業利益は同0・3%増の700億円と前期並みを計画。

政府は4月の診療報酬改定でオンライン診療を評価する枠組みを設け、実施にあたっての指針も策定した。... 新設された診療報酬項目には、「オンライン診療料」や「オンライン医学管理料」などがある。 ...

自治体などが持つレセプト(診療報酬明細書・介護給付費明細書)や特定健康診査の結果などの多種多様なデータを分析し、健康長寿社会づくりに寄与する要因の抽出手法の確立と有効性を検証。

そこで厚労省は、マイナンバー制度と診療報酬の審査業務を担う「社会保険診療報酬支払基金」などをつないだシステムを構築。

4月の診療報酬改定の影響もあり、買い控えが進んでいる。

中小の病院・診療所などで電子カルテの導入が遅れているのは、このためだ。... 政府には診療報酬での評価見直しや補助金などの支援策拡充を求めたい。

健診データやレセプト(診療報酬明細書)データに基づき、対象者に改善策を助言・指示する仕組みを構築し、医師などの指導(介入)によって行動や生活の習慣を変えるよう支援する。

「米国市場では医療機関の統合・集約が進み、診療報酬の削減などで患部の細胞組織を染色して診断する『一般染色(HE染色)』から、がんの種類などを判断する『免疫組織化学染色(IHC)』などに成長の軸足が移り...

4月の診療報酬改定では、ジェネリック医薬品の置き換え率に対する加算が、調剤薬局や病院・診療所の院内・外来ともに引き上げられるなど政策の後押しもあり、拡大を続けると予測する。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる