1,397件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

武田薬品の通期見通し、営業減益 研究開発費の増加影響 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業が11日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、研究開発費を前年度比662億円増の5220億円に増やすため営業減益を予想する。売上高は、主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エ...

帝人の通期見通し、営業益9.2%増 車回復・ヘルス好調 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

帝人が11日発表した2022年3月期連結業績予想は、売上高が前期比4・0%増の8700億円、営業利益が同9・2%増の600億円を見込む。新型コロナウイルス感染症で航空機向け需要の低迷が続く中、自動車向...

日本精工の通期見通し、営業益8倍 自動車向け軸受回復 (2021/5/12 機械・ロボット・航空機1)

このうち自動車軸受は同17・8%増、ステアリングなどの自動車部品は同13・3%増となる見通しだ。

NTTデータの通期見通し、営業益29%増 構造改革寄与 (2021/5/12 電機・電子部品・情報・通信1)

部門別営業利益では、法人・ソリューション分野が、流通・サービス・ペイメント向けサービスの規模拡大による増収で同17億円の増益となる見通し。

出光の通期見通し、経常益29%増 資源価格回復 (2021/5/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

出光興産の2022年3月期連結業績予想は、資源価格の回復や21年3月期の一過性損失の解消から前期比29・2%の経常増益を見込む。燃料油や化学品需要もコロナの影響から一定程度は回復すると見る。21年3月...

22年3月期の世界販売台数見通しは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が残るが、前期比19%増の95万7000台を予定する。... ただ下期で挽回生産し、通期の影響台数は約4万台と試算する。 ...

【京都】SCREENホールディングスが11日発表した2022年3月期連結業績予想は、足元の半導体需要の活況が続くとみて、売上高が前期比16・3%増で過去最高の3725億円、営業利益は同53・1%増の3...

東ソーが11日発表した2022年3月期連結業績予想は営業利益が930億円(前期比5・9%増)となり、事業の回復が進むとの見通しだ。... 経常、当期利益は為替差損益の悪化で減益の見通しとした。 ...

島津製作所の通期見通し、営業最高益 計測機器けん引 (2021/5/12 機械・ロボット・航空機1)

【京都】島津製作所が11日発表した2022年3月期連結業績予想は売上高と営業、経常、当期の各利益で2期連続の過去最高更新を見込む。売上高は4000億円(前期比1・7%増)、営業利益は500億円(同0・...

神鋼の通期見通し、当期益7.6%増 (2021/5/12 素材・医療・ヘルスケア)

神戸製鋼所が11日発表した2022年3月期連結業績予想は自動車向けの鋼材・部材需要回復とコスト削減により、当期利益が前期比7・6%増の250億円で2年連続黒字を見込む。売上高は同9・6%増の1兆870...

日産自動車は11日、2022年3月期連結業績予想で、当期損益が600億円の赤字(前期は4486億円の赤字)となり、3期連続で赤字になる見通しを発表した。... 内田社長は「半導体の供給不足や原材料高騰...

シャープの通期見通し、営業益21%増 車載ディスプレーけん引 (2021/5/12 電機・電子部品・情報・通信1)

シャープが11日発表した2022年3月期連結業績予想は、営業利益が前期比21・5%増の1010億円を見込む。回復基調にある「8Kエコシステム」セグメントの車載用ディスプレーなどが収益をけん引する。需要...

ダイキンの通期見通し、最高売上高 オンライン営業を世界展開 (2021/5/12 電機・電子部品・情報・通信1)

ダイキン工業が11日発表した2022年3月期連結業績予想は、売上高が前期比10・3%増の2兆7500億円と過去最高を見込む。営業利益も同13・1%増の2700億円と過去最高水準並みとした。本社で会見し...

東洋紡の通期見通し、営業益1.3%増 車低迷など懸念 (2021/5/11 素材・医療・ヘルスケア)

東洋紡が10日発表した2022年3月期連結業績予想は、営業利益が前期比1・3%増の270億円を見込む。半導体不足による自動車産業の低迷や、国産ナフサ価格の上昇によるコスト増などを懸念材料とする。...

商社7社の通期見通し、6社当期増益 資源価格上昇見込む (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

鉄鉱石や銅など資源価格の上昇や自動車市場の回復、機械、インフラ関連事業の伸長が寄与する見通しだ。... 非資源分野では、コロナ禍からの需要回復により産業・建設機械やインフラなどのビジネスが伸長する見通...

昭和電工、通期見通しを上方修正 当期黒字転換 (2021/5/11 素材・医療・ヘルスケア)

昭和電工は10日、2021年12月期通期連結業績予想の当期損益を2月公表の140億円の赤字から110億円の黒字(前期は763億円の赤字)に上方修正した。上半期において、半導体材料などの電子材料、自動車...

日本酸素HDの通期見通し、営業益8%増 (2021/5/11 素材・医療・ヘルスケア)

日本酸素ホールディングス(HD)が10日発表した2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)は、営業利益を前期比8・6%増の965億円、売上高を同5・7%増の8650億円とした。事業を展開する主要地域...

清水建設の通期見通し、営業益23%減 国内土木反動減 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

手持ち工事が順調に進捗(しんちょく)する見通しで増収を見込む一方、前期に設計変更などで利益面で計画を上回った国内土木の反動減で減益を予想する。 ... 国内市場については「首都圏再開...

海運3社の通期見通し、経常減益 コンテナ船成長鈍化 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

海運大手3社の2022年3月期連結業績予想が10日までに出そろい、全社が経常減益となる見通しだ。

パナソニックの通期見通し、営業益27%増 事業構成の改革寄与 (2021/5/11 電機・電子部品・情報・通信1)

パナソニックは10日、2022年3月期連結業績予想(国際会計基準)の営業利益が前期比27・6%増の3300億円になると発表した。コロナ禍の影響を受けた世界経済の回復や事業ポートフォリオ改革の推進が寄与...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる