113件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

経済産業省は防衛装備品の輸出拡大などを見据え、技術流出防止策の強化に乗り出す。... 政府が防衛装備品・技術移転協定をアジアや欧州の国々と相次いで締結していることなどに対応。... 政府は、武器輸出三...

【「P1」展示】 政府は2014年、防衛装備移転三原則の運用を始め、防衛装備品の輸出にかじを切った。

日本政府が防衛装備品の輸出にかじを切った中で、P1は特に成果が期待される機種だ。... 【輸出条件を緩和】 日本政府は2014年、防衛装備移転三原則の運用を始め、防衛装備品の輸出条件...

現在は部品の大部分を日本から供給するが、機械加工品などは現地調達する計画だ。... 製造技術や整備技術などすべてがそろっており、メーカーとして高い競争力を保持できる」 ―防衛装備品の...

さらに、増産基調の航空機エンジン事業の一段の強化、防衛装備品の事業領域を広げる。

優れた防衛装備品を効率的に取得・開発することを目的としたもので、わが国の防衛産業の将来にも大いに関わる。... 同時に、主要な装備品にプロジェクト管理の手法を適用する「取得戦略計画」を策定した。......

【防衛装備品で官民の連携強化】 ―今後の防衛装備品の輸出をどう展開していきますか。 ... 防衛省としては、わが国の安全保障や国際平和への貢献に向けて防衛装備・技術...

防衛装備品輸出の目玉として期待された豪州の潜水艦調達で日本が敗退したことも、メーカーの一つである三菱重工にとってマイナスだ。

日本政府は2014年4月に防衛装備移転三原則を閣議決定し、大型武器輸出を解禁した。落選を受け、防衛装備品輸出戦略の見直しを迫られそうだ。 ... 大型案件を落とし...

インドの新幹線方式導入で合意するほか、防衛装備品・技術移転協定や情報保護協定に調印する見通し。

防衛装備品の研究開発から調達、海外移転まで一元的に管理する防衛装備庁が1日、防衛省外局として発足し業務を開始した。... 内部部局(背広組)の装備グループ、陸海空各自衛隊の装備品取得部門などを集約、統...

ミネベアは約30億円を投じ、松井田工場(安中市)内に防衛装備品の工場棟「特機工場棟」を新設した。

また白書では防衛装備品の研究開発について、防衛省の技術研究本部と装備施設本部が開発段階からコスト見積もりについて連携する仕組みを設け、単価上昇を抑えることを明記した。... 防衛装備は産業界からみて重...

【前橋】ミネベアは18日、松井田工場(群馬県安中市)敷地内に新設した防衛装備品の工場棟を公開した。特機工場棟は、2014年3月に閉鎖した大森工場(東京都大田区)で手がけていた製品のうち防衛・航空宇宙向...

両首脳は日豪の経済連携協定(EPA)と防衛装備品の共同開発に関する協定の締結で正式合意。... 防衛装備協定をめぐっては豪州が日本の潜水艦技術に関心を寄せており、協定締結で両国の安全保障協力を推進。

アジア・太平洋地域の安全保障に関する意見交換に加え、防衛装備品の共同開発に向けた協力関係の構築が焦点になる。... 2プラス2では、わが国の潜水艦建造技術の提供を含め、日豪両国による防衛装備品の開発協...

防衛装備品の輸出が緩和される「防衛装備移転三原則」が閣議決定したことの影響についてのコメントだ。 防衛省関連の製品として航空機脚部などがあり「ビジネスチャンスが広がる期待がある」とい...

武器輸出三原則に代わる「防衛装備移転三原則」が閣議決定された。防衛装備品の輸出が緩和されるため、メーカーにとっては大きな転換点だが、輸出に前向きな企業ばかりではない。... 防衛産業に詳しい経団連の続...

安倍晋三首相は7日、豪州のアボット首相との会談で、防衛装備品の共同開発に関する協定締結に向けた交渉開始で合意した。

産業界でも防衛製品の海外展開への期待が高まっている。... 政府は、三原則に抵触しない範囲で航空機などの防衛装備品を民間向けに転用し、輸出を促進する考え。民間転用が防衛産業の基盤維持や装備品調達費の低...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる