1,783件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

一方、専業電炉メーカーは原料の鉄スクラップの軟化で値下げ余力が出てきた。... 電炉も荷動きに精彩を欠く中、「受注を優先した安易な安値折り合いには一定の歯止めがかかっている」(流通筋)ようだ。 ...

地区電炉は需要鈍化に減産体制を継続しており、在庫は適正レベル。... メーカーは減産体制の継続でスクラップの買い意欲が減退している。... 地区メーカーの実質購入価格はH2相当で同2万1500―2万2...

【需要低下】 背景には電炉・高炉の両鉄鋼メーカーの粗鋼生産低迷がある。... メーカーの買値引き下げや荷止め・荷制限が行われた。 ... 【安値修正】 &#...

ただ専業電炉メーカーは物流費や品質管理コストなど、諸経費の高止まりに販価維持の姿勢で歩調がそろう。... 市況は9月末、電炉最大手の東京製鉄が10月契約販価を引き下げたことで一気に軟化した。 ...

メーカーは原料価格が軟調な中でも、販価を据え置き採算重視姿勢を強調する。... 専業電炉メーカーは原料価格が軟調で、調達および利ざや確保を容易に進める。... 地区電炉も追随姿勢で歩調を合わせる。

一部のメーカーが荷止めを継続。... 入荷を進めるため、船積み実施筋の中には高値提示も見られるが、電炉メーカーの鉄スクラップ買値(H2グレード)である2万2000―2万3000円を下回る価格となってい...

専業電炉メーカーは原料である鉄スクラップ価格の軟化で採算が改善。... こうした中、電炉最大手の東京製鉄が店売り11月契約の販売価格を据え置いた。競合する地区電炉も総じて連動する方針。

メーカーの販売姿勢は需要が低迷する状況下、主原料の取得事情で対応が異なる。... 電炉は最大手の東京製鉄が11月販価を据え置いた。... こうした中、メーカーは流通の発注抑制に減産を余儀なくされている...

大手電炉メーカーの東京製鉄が11月契約の価格を据え置いたことで、「市況の下落傾向に歯止めがかかる可能性がある」(都内の流通業者)という声も聞かれたが、流通出庫の盛り上がりは薄い。... メーカーは需要...

大手電炉メーカーの東京製鉄が7月契約で厚板を4000円値下げしたことに続き、10月契約でも同2000円値下げを発表し、高炉メーカーの値上げと2極化している。都内の流通業者は「電炉メーカーが値下げの一方...

高炉系鋼管メーカーは素材高に値上げの意向を強め、専業電炉は材料安に現行価格の維持に努める。... 専業電炉(溶協)メーカーが打ちだす角形や丸形鋼管の値上げには累計でトン当たり2万5000円の価格転嫁を...

ただ地区電炉メーカーは低調な鋼材需要に減産体制を継続。... 特に韓国の電炉メーカーは潤沢な在庫を背景に輸入価格を引き下げ、ベトナムなども安値要請に出ている。... 市況は地域の相場変動に影響力を持つ...

メーカー直送(同)も前月から1000円安の6万9000円どころで安値圏が広がっている。... そのため電炉メーカー大手の東京製鉄は、10月契約の店売り向け価格を2000円引き下げた。

また韓国・鉄鋼メーカーが先週実施した商談では契約価格が前回比2000円下げで成約し、直近の関東湾岸価格を下回った。... 関東地区の電炉メーカー買値(H2相当、炉前)は、前週比横ばいのトン当たり2万1...

【強固姿勢崩さず】 足元では素材メーカーは強固な販売姿勢を崩さず需給にも大きな緩みは見られない。ただ電炉原料のスクラップ安や廉価な海外製品の流入など市況軟化への懸念材料が散見できる。...

専業電炉メーカーは国際的な景気減速による需要減に加え、原料市況軟化による製品価格の下げ圧力に直面。... こうした中、電炉最大手の東京製鉄が国内外の鋼材需給を考慮し10月契約の鋼材販売価格を引き下げた...

ボルト不足や人手不足など、複合的な要因による建設需要の回復遅れが影響し、電炉メーカーの生産意欲は低調なことから、鉄スクラップ需要も低迷している。

メーカーは新規受注の減少で生産体制に余裕が広がる。... 【総じて据え置き】 市中では電炉最大手の東京製鉄が7月契約に続き10月契約で鋼材販売価格の引き下げを表明した。一方、専業電炉...

普通鋼鋼材在庫量4.4%増 8月、在庫率も21ポイント上昇 (2019/10/4 素材・医療・ヘルスケア)

在庫全体のうちメーカー在庫の量は572万3378トンと前月末比5・7%増え、2カ月ぶりに増加した。... ただ今夏は国内向け供給を主体とする電炉鋼各社の減産規模が大きかったにもかかわらず、国内の在庫率...

一方、店売り製品は早期にメーカー値上げの価格転嫁を完遂。... 一方、専業電炉は原料安環境から値上げに動けず、供給体制にも余裕がある。... 特に海外生産が減速し部品メーカーへの影響が懸念される。&#...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる