266件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

12日に青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング(東京都渋谷区)、14日に藍澤証券、15日に大正大学とそれぞれ調印し、連携によって同信組が掲げる地方創生の実現に向けた体制を整える。 ...

青山学院大学理工学部電気電子工学科の橋本修教授と須賀良介助教らは、空港のような大きな施設の電波環境を再現できる解析手法を開発した。

首都圏南西地域産業活性化フォーラムは11月8日16時から青山学院大学相模原キャンパス(相模原市中央区)でセミナー「今日からできる!

“召し使い型”リーダー育成 米国の宣教師らが創設し、東京・渋谷という魅力的な地にある青山学院大学。... 駅伝など大学スポーツ選手のコメントでもそれが感じられ、誇らしい」 &...

不撓不屈/ウインテック(2)工作機械エンジの起業 (2017/10/4 中小企業・地域経済1)

青山学院大学出身のウインテック(神奈川県藤沢市)社長の山田俊二は、就職を前にゼミで指導を受けた経営学部教授の坂井正廣にこう話しかけられた。... 山田が大学に在籍していた当時、2代目社長の野田精一が青...

大学からの依頼で試験機を設計・製造することもある。... 大学卒業後、ピアノの調律師を目指した時期がある。... (南東京・門脇花梨) 【略歴】おはり・てつじ 06年(平18)青山学...

コーポレートガバナンス(企業統治)やESG(環境・社会・統治)情報開示を専門とする青山学院大学大学院国際マネジメント研究科の北川哲雄教授に背景や課題、企業の取るべき行動を聞いた。... 特許権が切れた...

17年3月期の内部統制報告書の「不適正意見」が上場廃止に直結することはないが、「東証の審査にはマイナス材料になる」と八田進二青山学院大学教授は指摘する。

基調講演として青山学院大学の山影進教授が登壇。

専門家からは「確たる証拠がない以上、限定付適正意見、もしくは追記情報を付けた無限定適正意見でも問題ない」(八田進二青山学院大学教授)との指摘があがっていた。

「ご苦労さまと言いたい」とねぎらうのは、青山学院大学学長の三木義一さん。 井口選手は同大OBで、在学中は東都大学野球リーグやアトランタ五輪などで活躍した。

【略歴】かない・のりゆき=86年(昭61)青山学院大経営卒、同年日本火災海上保険(現損保ジャパン日本興亜)入社。... 【略歴】おおくぼ・えいめい=87年(昭62)東京都立大(現首都大学東京)経卒、同...

FA財団、今年度「論文賞」の表彰式 (2016/12/16 機械・航空機 1)

精密工学会や日本機械学会、日本ロボット学会など7学会から推薦された論文のなかから、「受動調芯原理を利用したロボットマニピュレータによる自動精密はめあい」(青山学院大学・高橋淳二氏ら)など8件に表彰状と...

ドローン操縦士協会(DPA、東京都渋谷区、小林一郎理事長=青山学院大学客員教授、03・6450・6402)は東京都江東区に飛行ロボット(ドローン)専用の飛行場(イメージ)を25日に開設する。

合併自体の必然性はある」(鈴木岳志) ◇橘川武郞(きっかわ・たけお)氏 東京理科大学大学院イノベーション研究科教授 【略歴】75年(昭50)東大...

南西フォーラム、7日に「ロボ協働」セミナー (2016/10/4 中小企業・地域経済2)

首都圏南西地域産業活性化フォーラムは7日17時半から青山学院大学相模原キャンパス(相模原市中央区)でセミナー「ヒトとロボットが協働する未来社会―最先端ロボットテクノロジーが拓く豊かな社会の実現に向けて...

青山学院大学の橋本修副学長と須賀良介助教らは、特定周波数の電波だけ遮断する間仕切り壁を開発した。

青山学院大学の橋本修副学長と須賀良介助教、東京工業大学の荒木純道名誉教授らは、厚みが従来の10分の1の電波吸収体を開発した。

JST、9月1日にQOL新技術説明会 (2016/8/23 科学技術・大学)

青山学院大学理工学部の長谷川美貴教授や、芝浦工業大学工学部の小野直樹教授らによる講演もある。

座長は青山学院大学大学院の北川哲雄教授。資生堂の魚谷雅彦社長やカルビーの松本晃会長兼最高経営責任者(CEO)、一橋大学大学院のクリスティーナ・アメージャン教授らが委員となった。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる