126件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

電炉製品の伸びをはじめ、高炉各社もスクラップの買い増しに動く可能性がある。... 足元は高炉・電炉ともに減産期入りしており、スクラップ需要は縮小している。... 高炉の動き次第では相場の急上昇も視野に...

大型の建築案件や公共工事など「長らく高炉製品に限定されていた用途に電炉製品が食い込んできている」(千葉県の問屋)。高炉主導での価格形成は難しくなってきており、中板でも鉄スクラップの価格下落を受けた電炉...

電炉各社が6月販価の引き下げに踏み切ったことで相場は一気に弱含みに転じており、原料高に伴う高炉の値上げ姿勢にも黄信号がともっている。... 高炉各社は4―6月に計トン1万5000円の値上げを表明。.....

市場の閉塞(へいそく)感が強まる中、高炉各社は原料高を背景に値上げ姿勢を崩していない。... 流通各社は5月に、トン当たり2000―3000円の値上げを目指していた。

東京の薄板、横ばい (2011/5/13)

鉄鋼需要の縮小で流通やコイルセンターに在庫が積み上がる中、高炉各社は原料高に伴う商品価格の引き上げを続けている。... 高炉各社は4―6月に計トン1万5000円の値上げを表明。... しかし高炉各社は...

(関口和利、堀田創平) 【鉄/原材料価格、高止まり】 <強気の高炉各社> 鉄スクラップ相場は震災後に急伸 鉄...

高炉各社が値上げ基調を崩していないためで、流通は当面の相場維持に苦慮している。

新日本製鉄などの高炉各社が4月から大幅な値上げを表明したことで、相場は強含みで推移していたが、現在は横ばいに転じている。

新日本製鉄をはじめとする高炉各社が4月から店売り価格の大幅な値上げを表明。... 1月から店売り販価を引き上げていた高炉は、4月以降も大幅に値上げする。... 4月以降、原料価格の大幅な上昇が避けられ...

今月中に石炭を積み出さなければ、3月には減産せざるを得なくなる高炉メーカーが出てくる」と見る。 当面の対策として、高炉各社は豪州以外の産炭地から石炭の調達を始めた。... 生産に影響が出なかっ...

今後は価格の騰勢が緩みそうな要因もあるが、鉄鋼各社にとって不透明な環境が続くことは間違いない。 ... 市場が一段と寡占化されるとして反対してきた鉄鋼各社には朗報となった。 ...

各社とも慎重な需給の見極めが求められそうだ。 ... 鉄鋼各社の10年4―6月期は、輸出型の製造業を中心とするおう盛な需要に支えられ高水準の鉄鋼生産を続けた。.....

日本の高炉メーカーの操業度回復を支えてきた鉄鋼輸出の先行きに、不透明感が漂ってきた。... 輸出が前四半期(4―6月)比5・4%減の861万トンになりそうだという見通しを受け、高炉各社の株価はそろって...

伊藤忠商事と日本の高炉各社などが連合で2008年10月、ブラジルのナミザ鉄鉱山の権益を獲得した時と同じ狙いがある。 ... かつては資源事業への参画に消極的だった高炉各社も、資源メジャーの攻勢...

高炉は4月に続き、7月以降についてもトン当たり1万円の追加値上げを実施する方針だが、市中価格は上伸力に乏しい。... 高炉各社は4月出荷から店売り販価をトン1万5000円引き上げた。... 高炉は7月...

高炉各社が母材となる熱延コイル価格を4月出荷分から引き上げたため、2次加工メーカー側も値上げに動いており、相場を押し上げた。高炉は7月出荷分からも母材価格を引き上げるため、先高感は強まっている。......

新年度からは高炉も値上げする見通しが強いため、市況が締まり始めた。... 一方、鉄鉱石や原料炭も同様に値上がりしており、高炉各社は新年度からの原料高を見越し、流通各社に販価引き上げを通達し始めている。...

高炉各社が鋼材価格引き上げの動きを強めている。... また、新年度からは鉄鉱石や原料炭などの価格が上昇する見通しで、高炉は今後の採算悪化を避けるため、値上げの意向を強めている。 ... メーカ...

原材料のホットコイルの値上げで仕入れ価格が上昇する一方、高炉各社の減産や輸入停滞で、店売り(一般流通)仕入れにタイト感が出てきたためで、「月内の浸透を目指す」(商社筋)構え。... 在庫調整が進む一方...

今後、高炉をはじめ、他の電炉も追随する可能性が高い。... 新日本製鉄など高炉各社の販価は6万円台半ばと思われるが、9月から値上げする可能性が高い。流通側は「(各社が値上げすると)今の市況では原価割れ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる