94件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

「今年の冬商戦は出だしが遅いのでは」と予想するのは日本AMD社長の吉沢俊介さん。... 米AMDはグラフィックチップ会社を買収するなど画像・動画機能を強化しており「視覚に訴える所は大きな違いが出る。

今秋以降、米インテルや米AMDから新しいパソコン向け中央演算処理装置(CPU)が投入されることや、ウィンドウズ7による市場押し上げ効果が期待されるため、DRAM需要が大きく減少することはなさそう。

AMDに追い風になりますか。 ... 昔のAMDと違うのはサーバ市場に食い込んだこと。... AMDのGPUは任天堂の家庭用ゲーム機『Wii』に採用されている。

それにファウンドリー同士の競争があると、プロセスの質も良くなる」(月曜日に掲載) 【略歴】90年サンフランシスコ州立大学卒、同年AMD入社、05年スパンションジャパン・セールス・マー...

ブレードサーバ「プロライアントBL685c G6」は最新のAMD製CPUを最大4基搭載できる最上位機種。

「dv2」は国内のパソコンでは初めて省電力プロセッサー「AMDアスロンNeo」を採用した。

心臓部には米インテルや米AMDのx86系プロセッサーを搭載していることから「x86サーバ」と呼ばれている。

CPUは米AMD製の「オプテロン」の最新版。

心臓部に2・7ギガヘルツ動作のAMD製クワッドコア(回路が四つ)「オプテロン」を4個搭載。

最新のAMD製CPUを搭載したことで、前モデルに比べ、処理性能をbc2200で約24%、bc2800で約42%引き上げた。

心臓部には線幅45ナノメートル(ナノは10億分の1)対応のAMD製の最新CPU「オプテロン」を2個搭載。

親会社の米スパンションはもともと、富士通と米AMDが合弁設立したメモリーメーカーで、富士通は現在、半導体製造子会社の富士通マイクロエレクトロニクスを通じて、米スパンションの株式11・4%を所有。

【ドライ型対応へ】 AMD治療薬として販売中の薬剤は、ビスダイン(QLT/ノバルティス)、マキュジェン(アイテック・ファーマシューティカルズ、ファイザー)、ルセンティス(ジェネンテック)の3種...

東芝と米IBM、米AMDの3社は17日、フィン型の立体構造トランジスタ(FinFET)を使って、世界最小面積のSRAMのセル(最小構成要素)を共同で開発したと発表した。

日本IBMは3日、2・7ギガヘルツ動作でクワッドコア(回路が四つ)対応のAMD製の最新「オプテロン」プロセッサーを最大4個搭載できるブレードサーバ2モデルを発売したと発表した。

米AMDは製造を本体から分離、米フリースケール・セミコンダクタは携帯電話用チップ事業の分離・売却を打ち出している。

「D5170」は発熱量の少ないノートパソコン用CPU「AMD・TurionX2デュアルコア・モバイルプロセッサ」を搭載。

マイクロプロセッサーの米AMDは製造を分離したほか、米フリースケール・セミコンダクタは携帯電話用LSI部門を分離すると発表。

米インテルや米AMDがパソコン向けに、CPUコアを二つ搭載したデュアルコアや、四つ搭載したクワッドコアを実用化。

富士通と米AMDが合弁会社として設立したのが米スパンション。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる