電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,149件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

つなぐ/見えてきた脱炭素製鉄 鉄鋼3社の注力技術 (2024/1/1 素材・建設・環境・エネルギー2)

すでにCO2排出削減量が当面目標の10%を超す成果を上げた。... CO2排出量を従来設備に比べ、まずは約30%削減する。 ... もちろん残るCO2排出量もゼロを目...

ヘッドランプとリアランプ向けの製品基盤「リーンライト」は従来のランプより最大20%の部品点数削減と軽量化、6キログラムの二酸化炭素(CO2)排出削減が可能。

リチウム電池の電極塗工、乾燥処理不要 日本ゼオンが新工法確立 (2023/12/20 素材・建設・環境・エネルギー2)

エネ消費・設備面積削減 日本ゼオンはリチウムイオン電池(LiB)の新たな電極製造法を確立し、2026年度をめどにバッテリーメーカーへの導入を目指す。... エネルギー...

大ガスのエネルギー関連技術を生かし、JEPLANの工場でのコスト削減や二酸化炭素(CO2)排出削減にも取り組む。

年約3万6000トンの二酸化炭素(CO2)排出削減となる。

国内工場のCO2、30年度に69%減 マツダが目標設定 (2023/12/15 自動車・モビリティー)

14日、2030年度に国内自社工場・事業所の二酸化炭素(CO2)排出量を13年度比69%減らすと発表。... CO2排出量ベースで見ても、国内の自社工場・事業所の排出量が世界全...

ENEOS、道路舗装に廃プラ活用 アスファルト代替 (2023/12/15 素材・建設・環境・エネルギー)

従来のアスファルト舗装に比べて、二酸化炭素(CO2)排出量を約40%削減する効果があると試算している。 ... 約1・2トンのCO2排出削減効果を見込んでいる...

賃貸マンションのリノベ効果、新築よりCO2排出75%減 東急不など検証 (2023/12/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

既存の建物を同規模の新築に建て替えた場合と比べ、建物解体から建設段階でCO2排出量を75%、廃棄物排出量を96%削減できることを確認した。 ... 既存建物の解体・設...

検証2023/グリーン鋼材 鉄鋼大手出そろう (2023/12/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

普及へ指針・枠組み策定 生産時の二酸化炭素(CO2)排出量を少ないとみなす「グリーン鋼材」が、鉄鋼大手で出そろった。... グリーン鋼材は、各社による実際のCO2排出...

日鉄、シンガポール商社にグリーン鋼材厚板販売 (2023/12/12 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本製鉄はシンガポールの鋼材商社スティラリスに対し、生産時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないグリーン鋼材「エヌエスカーボレックス ニュートラル」厚板の販売...

停泊中の船舶の発電機を止めることで、二酸化炭素(CO2)の排出を削減する。コンテナ船ではなく船員を育成する練習船向けだが、年180トンのCO2削減効果を見込んでいる。 ...

先端材料技術展2023/2023洗浄総合展/脱炭素・環境対応に寄与 (2023/12/1 素材・建設・環境・エネルギー)

脱炭素や環境対応の取り組みが企業で加速する中、出展各社は二酸化炭素(CO2)排出削減などに寄与する高機能製品を来場者にアピールした。 ... 従来必要な金属製の補強部...

世界全体で気温上昇を産業革命前からの1・5度Cに抑えることがおおむね目標とされ、先進諸国は50年までに二酸化炭素(CO2)排出をゼロにすると約束した。 1992年の気...

経営ひと言/IHI・井手博社長「CO2減に貢献」 (2023/11/16 機械・ロボット・航空機2)

脱炭素に向け航空機が変化するとみて、技術開発で二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献し、成長を目指す。

同社は脱炭素化に向け、2030年度までに年間の二酸化炭素(CO2)排出量を全社で18年度比30%減の2万7416トンに削減する計画を掲げている。... 排熱回収により、CO2排...

旭化成、硬化剤新グレード開発 車塗装工程4割低温下 (2023/10/30 素材・建設・環境・エネルギー)

揮発性有機化合物(VOC)排出削減に寄与する水系塗料向けで、硬化温度を80―90度Cに低温化した。自動車の塗装工程での焼き付け温度を従来比約4割下げられることで、二酸化炭素(C...

サントリー、大王製紙と共同輸送強化 鉄道、関東―四国に拡大 (2023/10/27 生活インフラ・医療・くらし1)

これによりトラックドライバーの運転時間を年約1500時間削減し、二酸化炭素(CO2)排出を約70トン分削減できると試算する。 ... 関東―関西間...

「ペロブスカイト太陽電池」を採用した“発電するガラス”、木材などの天然資源を大量に含みながら自由形状に加工できる素材、二酸化炭素(CO2)を原料に使った植物の成長促進材料など、脱炭素が...

ユニ・チャーム、しめつけ軽い紙おむつ投入 糸ゴムを超音波接合 (2023/10/26 生活インフラ・医療・くらし)

さらに圧縮パッケージにより段ボールサイズを1割以上削減し、物流効率を高められる。... 接着剤と異なり接合部を大幅に削減できるため、不織布の柔らかさを損なわない。... 積載効率の向上で年間約220ト...

日本取引所グループ(JPX)の東京証券取引所は11日、二酸化炭素(CO2)排出量の削減枠を取引するカーボン・クレジット市場を開設し、取引を始めた。事業者間で相対取引して...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン