3,594件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.05153秒)

...力。各社とも世界第3位の国内総生産(gdp)を持つ日本を有力市場と見て販売攻勢をかける。 ルムアップスは、2017...

...ジア諸国連合(asean)の人口国内総生産(gdp)の約4割を占める突出した地域大国がインドネシアである。4月の大統領... ...過ぎない同島が国全体の国内総生産(gdp)の約6割を占めている。そこでジョコ政権は今年に入ってカリマンタン...

...研究所は2019年7―9月期の国内総生産(gdp)成長率を前期比02%減と予測。4―9月期(前期比01%減)に続き、景気後退を...

...ーシアの1人当たりの名目国内総生産(gdp)は12年に1万ドルを超えた。中進国(1000―1万3000ドル)の上というレベルだ...

...い雇用統計を受けて、米国内総生産(gdp)の約7割を占める個人消費の減速懸念が緩和された。 米国の金利先物に...

...動きだす経営人材 日本の国内総生産(gdp)は約500兆円。このうち三大都市圏(東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県と...

...た16年の消費者余剰は161兆円で、実質gdp(国内総生産)の約3割に相当したという。 同社は消費者余剰とgdpを合わせ... ...当したという。 同社は消費者余剰とgdpを合わせた新たな指標(gdp+i)の採用を提言した。デジタル化の進展状況を... ...費者余剰とgdpを合わせた新たな指標(gdp+i)の採用を提言した。デジタル化の進展状況を示す新指標も開発。今後...

...での被害額が世界全体の国内総生産(gdp)の39―86%となるとの試算を明らかにした。一方、二酸化炭素(co2)などの... ...シナリオでは、被害額が世界全体のgdpの39―86%となった。一方、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べ2度c...

...が入っている。 ただ米国国内総生産(gdp)の約7割を占める個人消費に直結する雇用や小売りの指標には根強さが...

...50万人の雇用と約22兆円の国内総生産(gdp)が失われるとされる。地域経済の地盤沈下やサプライチェーン(部品供...

...の見通しによると、名目国内総生産(gdp)成長率が20年代前半に3%に達する「成長実現ケース」で、国地方の基礎... ...27年度に1兆6000億円程度の黒字(対名目gdp比02%)になるとした。政府がpb黒字化目標とする25年度より遅い。 今後、...

...所によると19年度の実質国内総生産(gdp)成長率は06%、20年度は07%と横ばいで推移し、影響は軽微と見る。同社の...

...政府研究開発投資額を対国内総生産(gdp)比1%へ拡大し、5年間の総額を26兆円とする目標を設定していた。しかし...

...湾区発展計画とフィンテック(上) gdp1.6兆ドルの経済圏形成 【深い関わり】 中国南部に位置する、広州や深... ...、人口が7000万人超、域内国内総生産(gdp)が1兆6000億ドル(約171兆2000億円)に及ぶ巨大な経済圏で、ニューヨークや...

THIS WEEK (2019/9/23 総合2)

...■国 際 ▽ecb経済報告 ▽4―6月期の米gdp確定値、4―6月期の米企業利益確定値(商務省) 27日(金)赤口 ■政治経済 ...

...ていることだ。1人当たり国内総生産(gdp)が2000ドルに近づきつつあり、低所得国から中所得国に移行し、購買力... ...通しなのがバングラデシュだ。(名目)gdpランキングは18年の42位から30年には26位へと躍進する。1億7000万人の人口...

...済の実態に合わせるため国内総生産(gdp)統計を見直す。政府の統計改革の一環で、個人間でやりとりする「シェ... ...アリングエコノミー」(共有型経済)のgdp算入を検討している。民泊に代表される成長著しい新分野は、従来の「... ...の「取引」の概念を変えつつあり、gdpに対する“寄与度”に注目したい。 gdp統計は、国民が合理的な意思決定...

...省自動車局長・一見勝之氏 自動運転 gdp増に貢献 「揺るぎない安全安心」「自動運転の推進」「地域の足の確保... ...要」と言う。人口減少で国内総生産(gdp)が下がると、国家予算防衛費も減少し安全保障への影響が懸念されるか... ...いために、技術革新や生産性向上でgdpを上げることが必要。その一翼が自動運転」と位置付ける。高度な自動...

...市場予測を下回り、実質国内総生産(gdp)成長率も停滞する。トランプ米大統領は景気減速を警戒し、中国との貿... ...どまった。また2019年4―6月期の実質gdp改定値(年率換算)は同1―3月期の前期比31%増から20%増に減少した。 すで...

...より、2020年の世界全体の国内総生産(gdp)が08%押し下げられる可能性があるとの試算を明らかにした。摩擦が解消...

おすすめコンテンツ

デジタルファースト・ソサエティ
価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

デジタルファースト・ソサエティ 価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる