113件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

これを足がかりに、ナトリウム硫黄(NAS)電池が主力となっている容量がメガワット時級の電力貯蔵用への参入も狙う。 ... 車載用リチウム電池の量産効果で電池コストが低減しており、リチ...

経済産業省は4日、2020年までにナトリウム・硫黄電池(NAS電池)やニッケル水素電池といった大型蓄電池の設置コストを1キロワット時当たり4−9割低減を目指す「蓄電池戦略」を策定したと発表した。......

“成長株”の筆頭だったナトリウム硫黄(NAS)電池の火災事故が響いた。... NAS電池事業を再開する」。... ただ事故後もNAS電池への期待の声はやまなかった。

再発防止のため、幾重にも及ぶNAS電池の安全強化策を施す。... 今後もNAS電池に対する需要がなくなることはなさそう。... こうした努力もあり、今期もNAS電池の売上高で80億円を見込む。

2011年9月に三菱マテリアル筑波製作所(茨城県常総市)で電力貯蔵用のナトリウム硫黄(NAS)電池が火災事故を起こした問題で、不良品の電池の混入が原因だったことが6日明らかになった。... NAS電池...

【名古屋】日本ガイシは納入先での火災事故を受け、顧客に使用停止を求めているナトリウム硫黄(NAS)電池について、商業施設や病院、学校など、一部顧客に製品の撤去を申し入れる方針を固めた。... 日本ガイ...

電力関連部門は碍子の国内需要低迷やナトリウム硫黄(NAS)電池の火災事故による生産停止が響き、2013年3月期の営業損失が40億円と3期連続の赤字になる見通し。... 日本ガイシの電力関連部門は電力用...

ナトリウムイオンを使った二次電池は、日本ガイシがナトリウム硫黄(NAS)電池として実用化済み。NAS電池は250度C以上の高温で作動する必要があるが、今回発見した電解質をもとに作製した二次電池では、室...

価格はNAS(ナトリウム硫黄)電池と同程度を想定。... だが同様のシステムであるNAS電池は火災事故が発生するなど安全性が不安視されている。GEエナジーではNAS電池からの置き換え需要も狙っていく構...

系統安定化の蓄電池は、再生可能エネルギーの大量導入を支えるもので、ナトリウム硫黄(NAS)電池が代表例。これに対し定置用は、業務用・家庭用両方で電力需要のピーク抑制や停電時のバックアップ用のもので、主...

○新型ハイブリッド油圧ショベルのグローバル展開 ◆新日本製鉄 ○住友金属工業との経営統合発表 合併会見で握手する宗岡正二新日本...

9月に三菱マテリアル筑波製作所(茨城県常総市)で発生した日本ガイシ製NAS電池の火災事故に対する安全対策などに600億円の特別損失を計上する。... NAS電池の火災原因はまだ判明していない。... ...

【名古屋】日本ガイシはナトリウム硫黄(NAS)電池による火災事故を受けて、2012年3月期連結業績見込みを下方修正した。火災の原因究明に時間を要しており、現時点で同電池の生産・販売再開にめどが立ってい...

【名古屋】日本ガイシは25日、同社が製造するナトリウム硫黄(NAS)電池の販売を一時中止すると発表した。... NAS電池は鉛やリチウムイオン二次電池などに比べて大容量、長寿命などが特徴で、同社が世界...

プルーデントが手がける蓄電池の種類はレドックス・フロー電池で、カナダ企業のVRBを買収し技術を獲得した。同じ大型蓄電池として使われているナトリウム硫黄(NAS)電池に比べて、作動温度が高温でなく常温で...

NAS事業部技術部電池設計グループの斗野綱士さんは「NAS電池を開発したい」と入社した。... NAS電池の研究で名を残したい」と斗野さんの鼻息は荒い。 ... 「蓄電池といえばNA...

8月をめどにナトリウム硫黄(NAS)電池を工場に導入することも決めた。 ... NAS電池は生産部門の3事業所に導入。

出力は天候や時間に左右されるため不安定で、電気を電池に蓄える技術や製品が不可欠。明電舎はナトリウム硫黄(NAS)電池を利用した電力貯蔵システムや、太陽光で発電した直流電力を家庭で使える交流に変換するパ...

生産技術では焼成時間の短縮や一部の製品群で成形方法の共通化など大幅な生産革新をしており、2011年度から量産ラインに本格導入する」 《成長株のナトリウム硫黄(NAS)電池や自動車の排...

レアメタル使わずコスト安 二次電池の主流になったリチウムイオン電池。... 【取材ノート/リチウム電池とNAS電池のいいとこ取り】 Naを使った二次電池としては、す...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる