電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

152件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」(TMC)の売却先は、韓国SKハイニックスが参加する日米韓連合に決定。... ■SKとの協業、開発にメリット 「SKとサムスン...

東芝が東芝メモリ売却で、米ファンドのベインキャピタルや韓国SKハイニックスなどが参加する「日米韓連合」と最終契約したのは9月28日。... 東芝メモリへのSKハイニックスの関与は議決権で15%...

ベイン連合には競合する米シーゲート・テクノロジーや韓国のSKハイニックスが加わり、東芝は単独で四日市工場に 増産投資すると発表した。

当初から議決権を握る東芝とHOYA、ベインのほか韓国SKハイニックス、米アップルなど米企業4社も融資などで資金拠出する。... SKハイニックスとの関係は簡単ではない。... 一方、業界では「ゆくゆく...

世耕弘成経済産業相は28日、東芝が米ベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」と半導体子会社「東芝メモリ」の売却契約を結んだことについて「歓迎したい」とした上で「DRAMに強い韓国SKハイニックスと、N...

また韓国SKハイニックスが議決権の15%超を保有できないように縛りをかけた。

東芝は28日、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却について、米ベインキャピタルや韓国SKハイニックス、産業革新機構などで構成する「日米韓連合」と正式契約したと発表した。... SKはベインが設置す...

ベインが2120億円、韓国半導体大手SKハイニックスが3950億円、アップルやデルなど米国企業4社が4155億円の資金を拠出。... SKハイニックスは株式に転換できる社債、米国企業は優先株といった議...

同連合は、米投資ファンドのベインキャピタルを軸に、韓国半導体大手SKハイニックスや、東芝メモリの顧客であるアップルやデルなど米国企業で構成。

同連合への売却は、東芝メモリの事業にとって、SKハイニックスとのシナジーが見込める。... 韓国SKハイニックスとは製品面のシナジーが見込める。... SKグループの半導体事業はSKテレコム社長のパク...

東芝は半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却先を、米ベインキャピタルや韓国SKハイニックス、産業革新機構などで構成する「日米韓連合」に決定した。

アップルに対しては、WDの企業連合のほか、韓国半導体大手SKハイニックスを含む「日米韓連合」、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がそれぞれ自らの陣営に参加するよう秋波を送っている。 ...

東芝メモリ売却をめぐっては、米ファンドのベインキャピタルや韓国SKハイニックスで構成する「新日米韓連合」も候補に挙がっている。同業のSKハイニックスが買収することになれば「四日市工場の運営に口を出して...

DRAMとNANDどちらも手がける韓国サムスン電子や同SKハイニックス、米マイクロン・テクノロジーは、特に3次元(3D)構造NANDへの重点投資を表明している。

中国での半導体関連投資はこれまで米インテルや韓国SKハイニックス、同サムスン電子、台湾TSMCといった外資の半導体大手がけん引してきた。

今回のベインの提案は従来から組む韓国SKハイニックスに米アップルを加えた「新日米韓連合」を通じ、2兆円規模で東芝メモリを買収する。

31日には米ベインキャピタルと韓国SKハイニックスの連合や台湾・鴻海精密工業の3陣営との交渉継続を決めた。... ベイン、SKハイニックスからみると連合を組んでいた革新機構、政投銀に裏切られた形になる...

東芝は提携先の米ウエスタンデジタル(WD)などの「新日米連合」のほか、米ファンドのベインキャピタルや韓国SKハイニックスに米アップルも加わる「新日米韓連合」、台湾・鴻海精密工業による連...

同じく連合に参画する韓国SKハイニックスのほか、米アップルもメンバーに加えて2兆円規模の買収を提案している。 ... 東芝は6月にベインやSKに加え、産業革新機構や日本政策投資銀行な...

WDが起こした訴訟が障害となり韓国SKハイニックスや米ファンド・ベインキャピタル、革新機構による「日米韓連合」との交渉が暗礁に乗り上げたためだ。 ... 革新機構と日本政策投資銀行は...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン