75件中、4ページ目 61〜75件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

京都大学、金沢大学、東京農工大学などの大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)有志は、大学自主財源によるURA自立化をにらんで「リサーチ・アドミニストレーター・ネットワーク」を2013年度に設立す...

しかし、金沢大学のURA、稲垣美幸助教は「URAが“使える人材”だと分かると見方は変わってくる」と指摘する。... そこで同大ではURA支援担当の事務職員として、URAとチームを組んで活動するようにし...

京都大学は大型研究プロジェクトの企画・運営を行う大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)について、農学や工学、医学といった各部の支援を手がける“部局別URA”の採用を始めた。... 京大は学術研...

文部科学省の事業に採択された15大学のURA向けで2012年度末に試行し、他大学でも活用できる教材開発につなげる。 ... URA実務の初級者が講義で力を高められる内容を、業務と並行...

戸畑キャンパス(北九州市戸畑区)に『リサーチ・アドミニストレーション・センター(URAセンター)』を新設して、すでにある産学連携推進センターと連携する」 ―どういう狙いがありますか。...

九州工大は戸畑キャンパス(北九州市戸畑区)に「リサーチ・アドミニストレーション・センター(URAセンター)」を新設。

筑波大学は、27日14時から「第1回つくばURAフォーラム」を開く。... 大学におけるリサーチ・アドミニストレーター(URA)制度の推進に向け、研究支援体制のあり方、企業が求めるコーディネーター像と...

「文部科学省が推進している研究プロジェクトをマネジメントする人材『ユニバーシティ・リサーチ・アドミニストレーター(URA)』の採択を目指している。URAは、特任教授含めて約10人いる産学連携のコーディ...

打開するには、大学リサーチ・アドミニストレーター(URA)がカギを握るとみる。 URAは研究の管理運営や利用促進を担う人材で「米国には約150万人いる」と強調する。

大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)育成の場となる部局やプロジェクトとURA候補者を全学公募し、工学系研究科、医療システムや化学イノベーションの研究プログラムなど8拠点8人を選んだ。同推進室...

大学では外部資金による研究の割合が増え、研究運営をプロデュースするURAの重要度は増している。... 「外部資金が1億円以上になるとURAが必要」という目安もあり、東京大学の場合、この目安で実態として...

さらにURAという新たな研究支援の職種確立に向けて、作成した標準を大学間の共通認識として浸透させていく計画だ。 ... RU11ではURA相当の人材の実態調査を2010年に実施してい...

URAは公的助成金や企業との共同研究費など、外部研究資金獲得に向けた支援人材だ。... 農工大職員数人がURAになる形も想定している。 ... 教育カリキュラムを所属するURAの研修...

これを専門職のURAが担当し、研究効率を高めるのが狙いだ。... 例えば京大は教員、職員とも異なる専門職制度を導入しているため、この制度でURAの活用を図る。... しかし、中堅校であれば従来の産学連...

▽川崎重工業「LNG船用再熱サイクル蒸気タービンプラント(川崎URA型)」▽豊田自動織機「走行・荷役デュアルハイブリッドフォークリフト(GENEO HYBRID 3・5−4・5ton)」▽アタカ大機「...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる