150件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車両への需要は高まっており、各社の競争が激化する。... 日産はEVと、独自のハイブリッド技術「e―パワー」車の欧州での販売比率を22年までに40%、...

「世界(の営業拠点)から『e―パワー車をまわしてくれ!』... エンジンで発電しモーターで駆動する独自の電動化技術「e―パワー」。

16年11月にeパワーを初搭載した小型車「ノート」。それから1年間でノートとして約15万台を販売し、そのうち3分の2の10万台がeパワーモデルだった。... 現状の車種は、EVが「リーフ」「eNV20...

自動車メーカーの電気自動車(EV)投入の動きが広がることに伴い、電池を中心にコスト低減が進む。... 日産は、電気自動車(EV)と独自ハイブリッド技術「eパワー」の2本柱で電動化戦略を強力に推し進める...

日産自動車は、25日から中国で開催される「北京モーターショー2018」で新型の電気自動車(EV)を世界初公開する。... 同ショーでは、EVのクロスオーバーコンセプト「ニッサン IMx KURO」や新...

例えば、日産自動車の小型車「ノートeパワー」の新車リース価格は月間2万3220円だが、中古車リースは1万円台にする見込みだ。

同社は2015年からAZAPAと協業し、MBDを用いた電気自動車(EV)駆動システムの開発効率化などを進めてきた。... パナソニックは車載機器の開発を強化しており、1月には小型EV向けに充電器やイン...

日産独自の新しい電動駆動技術「eパワー」を採用した新型ノートは、16年11月に発売した。17年10月には「ノートeパワー=写真」が、発売から1年弱で累計販売10万台を達成。... 日産によると、ノート...

「当社はEVと、発電用エンジンとモーターによる駆動方式『eパワー』の二つを柱とする電動化を進める一方で、エンジンの最大熱効率向上にも引き続き取り組む。... 「『eパワー』での応用を想定した開発を進め...

日産自動車は2022年度までに電気自動車(EV)と同社独自の電気駆動技術「eパワー」搭載車をグローバルで年間100万台販売する目標を設定した。... 日産は販売台数に占めるEVとeパワー搭載車を含む電...

ニッサン・ザマ・インフォメーションセンターでは、座間工場の生産車「サニー」の初代モデルのほか、今月発売したばかりのミニバン「セレナ eパワー」を展示。... 閉鎖後は一部区画に座間事業所を設け、新車の...

また、エンジンで発電してモーターで走る日産独自の駆動方式「eパワー」の発電用エンジンとしての活用も想定。

日産自動車は28日、エンジンで発電した電力を使ってモーターで走る独自駆動技術「eパワー」を搭載したミニバン「セレナ eパワー=写真」を1日に発売すると発表した。... eパワーはガソリンエンジンで発電...

2022年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、全販売台数に占める電動車の比率を3割に高める。... 今後投入する電動車は、エンジンで発電してモーターで走る「eパワー」とEVで、中...

その一例が、同社の駆動方式「eパワー」。

「日産は電気自動車(EV)戦略で先頭を走るが、当社の手がけるエンジンも熱効率の向上や発電用としての開発など、やるべきことがたくさんある。... 当社も内燃機関の改良を続け、(日産・仏ルノー・三菱自動車...

21年に同ブランドとして初の電気自動車(EV)を発売するほか、電動駆動技術「eパワー」搭載車も投入する。... 日産は既に、EV「リーフ」や小型車「ノートeパワー」など電動化技術を搭載した車両を拡充し...

新しい電動駆動技術「eパワー」を採用した新型ノートは16年11月に発売した。17年10月には「ノートeパワー」が発売から1年弱で販売累計10万台を達成した。日産によると、ノートを購入する人の約7割がe...

パナソニックは車載充電器やインバーター、モーターなどで構成する小型EV向けプラットフォーム「eパワートレーン」を開発しCESに出展する。

パイオラックスは電気自動車(EV)用部品の生産体制を強化する。約2億4000万円を投じ、群馬県の生産子会社に新棟を建設するなどしてEV部品の増産体制を整える。... 日産の電動駆動技術「eパワー」を採...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる