88件中、5ページ目 81〜88件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

【岐阜】天野工業(岐阜県美濃市、天野修社長、0575・33・4604)は、岐阜大学工学部の服部敏雄教授と共同で、アルミニウム材の平面研削技術の研究を始めた。鋼材などに比べて加工が難しいアルミ材の最適な...

日東工器はアルミニウム材加工に適した面取り機「ポータブルベベラーEPB―03」を開発、5月1日に発売する。同社の面取り機は従来、軟鋼材向けだけだったが、市場ニーズが強いアルミ材向けを扱うことにした。....

マシニングセンター(MC)を使用し、板厚50マイクロメートルのアルミニウム材とSK材で、ピッチ幅30マイクロメートルで極小の穴あけを実現。... 加工時間は一個の穴につきアルミ材は5―6分、炭素系工具...

提案公募型研究プロジェクトとしては機械・レーザー・イオンビームによる複合加工での超微細デバイス開発(ダイヤ精機製作所、高島産業などが参加)、高機能アルミニウム材の鋳造・鍛造一貫製造システム(野村ユニソ...

不二サッシはテラコッタ(素焼き粘土)調のアルミニウム表面処理建材「アルテラ=写真」を発売した。石粉、石粒、土などの主材と、主材をつなげる樹脂顔料からなる塗料をアルミニウム材に塗装した。

従来品は使用とともに反射率が低下し、耐久年数は10年程度だが、特殊加工したアルミニウム材を使用することで反射率の低下を抑え、長寿命化を実現する。

【金沢】渋谷工業はノズル先端から高圧で水を噴射しアルミニウム材などを切断加工するウォータージェット切断加工機「SWS4612S=写真」を完成、発売した。

神奈川県産業技術センター(神奈川県海老名市、馬来義弘所長、046・236・1500)と不二ダブリュピーシー(神奈川県厚木市、下平英二社長、046・246・1191)は共同で、アルミニウム材表面へのダイ...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる