585件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

性能評価のエンジニアリングモデルを作り、2月から本番用フライトモデルの製作に入り、3月中に完成予定。

シチズン電子、レーザー参入 3Dセンシング光源用 (2021/1/15 電機・電子部品・情報・通信)

近赤外光の反射時間から距離を算出する「タイム・オブ・フライト(ToF)」方式のカメラの市場が広がる中、より高精度で長距離の計測に対する需要を取り込む。

自律制御システムはエアロジーに、自律飛行の要になるフライトコントローラーを提供している。

そこでJALが持つフライトデータと、当社で培ってきた独自のアルゴリズムを用いて摩耗予測を行う。... 新型コロナウイルスの影響でフライトの便数は昨年対比でかなり落ちている。

マイクロドローンはほぼ外国製で完成品として輸入されているため、リモートID実装によるフライトコントローラー調整は不可能。

フライトコントローラーの制御信号に基づき、ドローンの挙動をリアルタイムに計算、映像に反映する形でシミュレーションを行う。

分離回収したCO2を原料に再生可能エネルギーと水素でジェット燃料を製造して飛行機のフライトまでの供給網全体を考えて課題抽出や事業化検討を各社共同で実施する。

航空輸送では1時間以内のフライト利用をやめる、長距離のビジネス利用を半減、3キロメートル以内の移動は自転車か徒歩、自動車は時速7キロメートル低下、都市内では全てライドシェア、エコドライブの徹底、全世界...

自律制御システム研、ドローン関連CVCを設立 (2020/11/20 自動車・ロボット)

自律制御システムはドローンの姿勢や飛行をつかさどるフライトコントローラーを独自開発しており、CVCを通じて技術的な相乗効果を期待できる国内外の企業へ投資する。

自律制御システム研究所はエアロダインと連携することで、圧倒的なフライト時間を確保して信頼性の高いドローンを開発し、マレーシアやASEAN市場でのドローン拡販につなげる。

3度目のフライト 怖さ・不安よりも挑戦 野口さんは、これまで05年にスペースシャトル、09年にソユーズに搭乗した。今回3回目のフライトで3種類目の宇宙船への挑戦となる。

伊藤忠商事は、全日本空輸(ANA)、フィンランドのバイオ燃料製造会社ネステと協働で、石油代替航空燃料(SAF)の日本初となる商用フライト規模での供給を実現した。

海外で多く採用されているオープンソース型のフライトコントローラーを用いて、使用方法やカスタマイズ方法を支援する。 ... ただ、飛行制御のフライトコントローラーは中国製を使用したもの...

当社のドローンは、オープンソースコードの「ArduPilot」を使用したフライトコントローラを採用。... ArduPilot開発のコアメンバーであるランディ・マッケィ氏は当社のフライトコントローラ開...

産業春秋/アマビエブーム (2020/10/21 総合1)

「アマビエJET」のフライトは事前には知らされていないので、運がよければ見つけられるレアキャラとしても人気を呼んでいる。

同機の飛行実証は2018年の長崎県沖合や、19年のエーゲ海でのデモフライトに続くもの。

凸版印刷、空中タッチディスプレー開発 映像、平行に出現 (2020/10/15 電機・電子部品・情報・通信2)

赤外線方式の空間位置センサーや、「タイム・オブ・フライト(ToF)」方式の距離画像センサーも搭載。

両国間では8月31日に初めてイスラエルの商用旅客機によるフライトが運航した。

東京航空計器はもともと防衛省や川崎重工業、三菱重工業などに航空計器やフライト・コントロールシステムを納入している。... フライト・コントローラーや飛行制御プログラム、センサーなどを自前で開発している...

政府調達向けを想定した高セキュリティー・低コストの標準機体とフライトコントローラーの標準基盤を2020年度中に開発する。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン