102件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

【増えるCO2】 他方、今夏、電力各社で火力の電源入札が始まった。原発の再稼働遅れに加え、将来の新増設や老朽設備の更新の見通しが立たなくなったことで代わりの電源を用意する必要に迫られ...

日本鉱業協会(東京都千代田区)は先週開いた定例会見で、宮川尚久会長(古河機械金属社長)が「ベースロード電源を早急に確保し、国際的に遜色ない低廉で安定的な電力供給をお願いしていく」とした。

原発停止そのものの影響に加え、電力各社が原発に代わる電源と頼る火力発電のフル稼働が続く中、老朽化設備を中心に事故やトラブルが相次ぐためだ。 ... 政府は5月にまとめたエネルギー基本...

電源全体の中で火力発電が占める割合は、13年度には88%となり、10年度に比べて26ポイント上昇した。 ... 政府は4月に閣議決定したエネルギー基本計画で、原発を「重要なベースロー...

経済産業省・資源エネルギー庁は、原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置づけた「エネルギー基本計画」の具体化について議論するため、有識者会議3組織を新設する。

長谷川同友会代表幹事は「原発はベースロード電源に位置づけられている。

政府が新しいエネルギー基本計画で原子力を重要なベースロード電源に位置づけたこともあり、「今までは国の推進策の下で、民間が発電を担ってきた。

上向いてきた景気に水を差さないためにも、今後の成長を確実なものとするためにも、政府には原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置づけた新たなエネルギー基本計画に基づき、まずは原子力発電所の早期再稼働...

それには先ごろまとめたエネルギー基本計画で「重要なベースロード電源」と位置づけた原発の早期再稼働が欠かせない。 原発に代わる電源となる火力発電の燃料に使われる液化天然ガス(LNG)の調達コスト...

原子力発電所の長期停止によるベースロード電源の不足を補うためのもので、コストの安い石炭火力発電所の新設につながる。... 政府は電源確保と地球環境問題の両立を図るためにも、将来の電源構成の議論を急ぐべ...

政府はエネルギー基本計画の中で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、再稼働を推進する方針を盛り込んだ。

だが政府はエネルギー基本計画の中で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、再稼働を推進する方針を盛り込んだ。

原子力を発電コストが低くて安定的・継続的に稼働できる「重要なベースロード電源」と位置づけ、安全性の確保を前提に再稼働を進める考えを明記。... 化石燃料に多くを依存する今の電源構成が続けば、エネルギー...

新たなエネルギー基本計画では、原子力発電を『重要なベースロード電源』と位置づける。... ただ『ベースロード電源』の持つ意味は既存原発の再稼働だけではない。「長期にわたって利用する電源であれば当然、設...

原発は電力安定供給に欠かせない重要なベースロード電源として、利用を継続する方向感を原案通り盛り込んだ。... 16年がめどの電気小売りの参入自由化に向け、再生エネに限らず企業が例えば電源設備を投資判断...

原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置付けた政府のエネルギー基本計画案に関し、安倍首相は「原発依存度は可能な限り低減していく。

原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置付けて再稼働を進める方針や、核燃料サイクルの推進を盛り込んだ点を容認するかどうかが焦点となる。

政府が25日提示した新しいエネルギー基本計画案は、企業の国内投資判断のベースとなるエネルギーミックス(電源構成)の提示を素案通り見送った。政府案で焦点の一つだった原子力発電の位置付けは、石炭火力などと...

原子力発電を「重要なベースロード電源」に位置付け、原子力規制委員会の安全審査に合格した場合、再稼働する方針をあらためて示した。... 電力を生み出す各エネルギー源の位置付けとしては、低コストで一定の出...

・地熱・一般水力は、ベースロード電源。 ... (2)原子力 ・優れた安定供給性と効率性を有しており、運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出も...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる