569件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

マテリアル(東京都大田区)とは分離機構を共同で開発し、分離するまでの保持力や耐環境性を向上させた。

住宅とヘルスケア領域が前年同期比で増益となり、マテリアル領域の落ち込みを緩和した。

マテリアル領域でポリカーボネートの市況が大幅下落した影響を受けた。

世界に注目されるイノベーション創出の一大拠点として大きく発展させたい」 PRになるプロジェクトを マテリアル・細貝淳一社長 ...

マテリアル領域では先行して前3カ年に、自動車業界に必要なものを探し、複数の製品を組み合わせた『面』の提案を始めた。

重点分野はヘルスケア、マテリアル、インフラ、環境エネルギー。

さらに、2018年11月からは、SIP第2期「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」において、先端構造材料・プロセスに対応した逆問題マテリアルズインテグレーションの開発が始動。

海洋プラ問題解決を目指す企業連携組織「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)」の開いた初フォーラムには、プラ原料から加工、利用に携わるキーマンが集結した。

東京・大田区、技術・技能継承で優秀6社表彰 (2019/7/17 中小企業・地域経済2)

▽エステー精工(杉江勝治、明石尚也)▽クライム・ワークス(宮沢勝成、松本武志)▽シナノ産業(熊谷誠、木村のぞみ)▽東開製作所(栗原太郎、高橋稔)▽マテリアル(須賀宗政、竹内祐介)▽三津海製作所(松本寛...

三協立山の前5月期、赤字幅が拡大 原燃料費高騰 (2019/7/12 建設・生活・環境・エネルギー)

また同日、建材事業の基幹工場である射水工場(富山県射水市)をマテリアル事業に移管したと発表した。

日本シーム、渦巻き水流で廃プラ選別 重液不要でコスト削減 (2019/7/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

木口社長は「少しでもマテリアル材料に回したい。

販売面では、欧米で自動車向けエンジニアリングプラスチック部品において競争力の高い三菱ケミカルアドバンスドマテリアル(旧クオドラント)の知見を生かす。

【津】ジャパンマテリアルは27日、三重県菰野町の菰野自動車学校で、65歳以上の社員を対象にした交通安全運転講習会を開いた。

大林組など、地盤改良土向けシステム開発 固化材含有量3分で計測 (2019/6/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

大林組は立花マテリアル(大阪府豊中市)と地盤改良土の固化材含有量計測システム「e―セメダス=写真」を共同開発した。

AGC、東工大とマテリアル協働研究拠点を開設 (2019/6/25 素材・医療・ヘルスケア)

2AGCは24日、東京工業大学と共同で「AGCマテリアル協働研究拠点」を7月1日に開設すると発表した。

産業界が結集して問題を解決しようと花王や味の素、三菱ケミカルホールディングスなどが参加する「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)」が活動する。... 「キーはマテリアル(素材)...

大塚産業マテリアルは車シート用ウレタンパットの補強材が主力で国内シェア約7割(同社調べ)を誇る。

鉄源協、会長に宮本氏 (2019/6/11 総合3)

新日鉄住金(現日本製鉄)副社長時代から3年間務めた栄敏治前会長(日本製鉄取締役兼日鉄ケミカル&マテリアル顧問)の任期満了に伴うもので、任期は3年間。

業界横断組織、ブース出展 花王や味の素など200社以上が参加する「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)」も、G20で日本のプラ削減技術を発信する。

「モビリティーがこれからどういうシステムになっていくかを考えながら、マテリアルの軽量化やシェアリング、自動運転など、同時並行で取り組んでいく必要がある。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる