101件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

今後、国内外の製薬企業と交渉し、エボラ出血熱治療用の抗体医薬品を共同開発する。... 一般に抗体医薬品は、人体に備わる免疫機能である抗原抗体反応(用語参照)を利用するため、低分子医薬品に比べて副作用が...

双方の専門性や研究資産を持ち寄り、同疾患の治療につながる有望な新規低分子医薬品の早期創製に取り組み、臨床開発を進める。... 共同研究はスウェーデンにあるアストラゼネカの循環器・代謝性疾患領域の低分子...

この間、大手の製薬企業はかつての大型商品(ブロックバスター)を頼りにできなくなり、新薬の種類も低分子医薬品だけでなく、バイオ医薬品が台頭した。... 日本の製薬大手が低分子医薬品で成功を収めたがゆえに...

兼松は米ベンチャー企業が開発したバイオ医薬品製造技術の日本展開に乗り出す。医薬品や健康食品を取り扱う子会社の兼松ケミカル(東京都中央区)が、植物を利用して低コストでバイオ医薬品を大量生産する技術を持つ...

「彼は低分子医薬品も手がけたから(低分子に自負のある)日本の大手製薬企業が関心を持っているのでは」と読む。

低分子医薬品でも抗体医薬品でも、薬物を標的に効果的に届け、しかも放出量や血液中の滞留時間をコントロールできれば、医薬品の可能性は格段に高まる。... 「スイスのロシュと中外製薬が上市した抗体医薬品の抗...

【デ・ウエスタン・セラピテクス研究所社長の日高有一氏】 薬の種類は化学合成によって作られる低分子医薬品と、バイオテクノロジーに基づいて作られるバイオ医薬品に大別される。創薬ベンチャー...

【バイオ医薬品、欧米勢に後れ】 日本の医薬品業界は、国際的には欧米勢に押され続けてきた。差がつく要因となっているのが、バイオ医薬品の台頭。... だが日本の大手製薬企業は化学合成によ...

米国拠点のプロセス開発機能を解消し低分子医薬品は日本とインドに集約する。バイオ医薬品は複数の研究サイトに分散していたものを米国エクストンの拠点に集約する。サプライチェーンでは日本の美里工場を医薬品受託...

東ソーや島津製作所、産業技術総合研究所、神戸大学などが国の資金を得て、抗体医薬品などを高効率・低コストで製造する技術を実証するための生産設備を神戸市内に整備。... 日本の製薬企業にはまだなじみが薄い...

低分子医薬品で飲み薬として投与できる。

同社は既知の医薬品を別の疾患の治療薬に転用する手法で、低分子医薬品の開発に取り組んできた。

厚生労働省は遺伝子治療用医薬品の治験に関する規制を見直す。... 細胞治療用の医薬品と同じく治験に関して同省所管の医薬品医療機器総合機構(PMDA)から指導・助言を受ける「薬事戦略相談」で代替する案な...

新興国がけん引する医薬品市場の拡大や、コピーが難しいバイオ医薬品の増加が後押しする。... そのほとんどが、免疫機構を利用する抗体医薬品だ。 バイオ医薬品、中でも抗体医薬品は従来の低...

抗体医薬品などバイオ医薬品の開発品も順調に臨床試験が進んでいる。 ... バイオ医薬品は既存の低分子医薬品とは生産技術が異なり、設備投資額も割高とされる。... 新薬開発は世界的に従...

従来の低分子による新薬開発が限界を迎え、遺伝子技術や細胞培養を使ったバイオ技術が次の創薬技術を担うとされる。... (石橋弘彰)画期的な新薬開発に向け、研究が進む(東京・町田の東京リサーチパーク)&#...

RCIは合成化学を中心に、感染症領域と炎症性疾患領域の低分子医薬品創出を目的とした探索研究を担当する。

製薬会社は従来の低分子医薬品とはまったく異なる抗体医薬で、独自性の高い技術で優位性を構築して勝ち残りを模索している。 ... これは欧米製品のライセンス導入や日本発の抗体医薬品開発が進み、抗体...

通常、バイオ医薬品は低分子医薬品より開発が複雑で高価。バイオ後続品も先発品との同等性を証明するため、低分子の後発品に比べ、開発期間もコストもかかる。 ドイツではバイオ後続品の市場参入後、先行バ...

抗体医薬品でしかできなかった治療の、低分子医薬での実現を目指し創薬を進める。 「たんぱく質間の相互作用を標的とした低分子医薬品の開発は珍しい」。... たんぱく質間の相互作用を低分子医薬で阻害...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる