1,057件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ユーグレナは9日、11日までの3日間限定で微細藻類「ユーグレナ」と使用済み食用油を混合した「ユーグレナバイオディーゼル燃料」の販売を始めた。 ... 販売した燃料は、従来5パーセント...

UAEは脱化石燃料に向けて再エネ由来の水素製造などを進めている。

山梨中央銀行は農業残さや果実の枝などを燃料に利用する事業を検討している。残さ処理の問題を解決し、化石燃料を使用しない農作物の“環境ブランド”化も狙う。

【横浜】横浜、川崎両港の脱炭素化について、横浜市や川崎市が運営する有識者会議が、水素などの非化石燃料を輸入または製造して貯蔵、供給、利用する機能を備えた「脱炭素コンビナート」への転換を促す検討報告をま...

同時に温室効果ガス排出量が多い化石燃料から水素やアンモニア、合成燃料などの脱炭素燃料への移行や二酸化炭素(CO2)を素材や燃料として再利用するカーボンリサイクル、回収・貯留(CCS)などにも向き合わな...

省エネルギーと非化石燃料への転換により温室効果ガスを削減する。

インドネシアでバイオ燃料用・飼料用ユーグレナの屋外培養実証プラントの建設に今年着手し、2022年に完成。... このため、非化石燃料の開発だけでなく、既存発電所でのCO2排出量の削減に寄与する。...

今後5年間は化石燃料をベースとした水素生産に力を入れるが、太陽光や風力を利用した「グリーン」水素の導入も開始する。 ... 調査会社IHSマークイットのデータによると、中国では燃料と...

再生エネ由来の余剰電力を水素や熱に変換することで、化石燃料の燃焼による排出がゼロになる。

「エネルギーを化石燃料に依存することの危うさを露呈した。

サニックス、汚泥燃料化で実証 (2021/3/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

サニックスは有機性廃液の浄化処理過程で発生する汚泥を燃料化する実証試験をひびき工場(北九州市若松区、写真)で本格的に始めた。産業廃棄物を脱水処理した後に残る汚泥を脱塩・乾燥させ、化石燃料に代わる固形燃...

「化石燃料を使う発電所で、カーボンフリーの燃料に変えていく。... JERAの強みは大量の燃料を使っていること。... 「燃料用のアンモニアを製造販売しており、知見がある。

燃料アンモニアや液化水素を輸入し、燃料電池トラックやパイプラインで火力発電所や企業の工場などに水素を供給し、2050年には同港から石炭で排出する二酸化炭素(CO2)をゼロにする。... 現在は化石燃料...

他方で低効率石炭火力のフェードアウトやESG(環境・社会・企業統治)投資の拡大など、化石燃料への風当たりは強い。... 老朽化した石炭機は将来の次世代型への置き換えを視野に入れるが、寿命の残る段階では...

燃料アンモニア、国際連携で1億トン生産 2050年の脱炭素化に向けた政府のグリーン成長戦略で、燃料アンモニアが注目されている。... 100社以上の内外企業などで...

脱炭素化へ化石燃料転換 【排出量の4割】 化石燃料を使用した火力発電の二酸化炭素(CO2)排出量は合計で4・5億トン(2018年)と、国内の総CO2排出量の約4割を...

国内では化石燃料を使った火力発電比率が現在75%と高く、車の生産から廃棄まで、全行程の二酸化炭素(CO2)排出量を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)を基準にしたカーボンニュートラルの実現に課...

導入したホテルでは更新前に比べガスの使用量を削減し、燃料費を約20%低減した。 ... 蒸気ボイラと温水ボイラの設計・製造など、化石燃料を利用した設備を中心に手がけてきた。環境問題へ...

車の電動化で一変する可能性もあるが「化石燃料用部品が電動化後も必要なブレーキ部品に転用できる。

西村康稔経済再生担当相は9日の閣議後会見で、2020年10―12月期の国内総生産(GDP)改定値の下押し要因となった液化天然ガス(LNG)の在庫減少について「化石燃料から再生可能エネルギーに大きくシフ...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる