113件中、5ページ目 81〜100件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

1月31日までの1週間に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり6・46人で、前週(9・03人)より減少したことが5日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。

「時空間情報ルール整備有識者委員会」は小松尚久早稲田大学理工学術院教授を委員長として、岩渕潤子慶応義塾大学政策メディア研究科教授、岡部信彦国立感染症研究所感染症情報センター長ら6人で構成。

だが新型が流行した今回は常識が当てはまりそうにない▼国立感染症研究所によると、昨年7月(第28週)から1月17日(第2週)までのインフルエンザの累積推定患者は1923万人。... 一見、下火になったよ...

「軽ければかかったほうがいいが、危険なものはやはり防いだほうが良い」とインフルエンザなどの感染症に警戒を呼びかけるのは国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦さん。 ... 「感染症が収...

「免疫があるからといって高齢者が安全とは限らない」と注意を喚起するのは国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦さん。... 「感染を防ぐには防空壕(ごう)にこもればいいが、社会的に打撃を受けるの...

国立感染症研究所とEMシステムズは、感染症流行早期探知機能を組み込んだ調剤薬局向け診療報酬計算システム「Recepty Next(レセプティー・ネクスト)」のデータベース(DB)を充実させる。... ...

空気清浄機などウイルスウォッシャー関連機器を販売するだけあって、国立感染症研究所から専門家を招き講演会を開く徹底ぶり。... すでに数多くのメーカーで感染者がいるとみられる。... 家族を含め感染者と...

はじめに紹介した腸管出血性大腸菌による食中毒は、今年になりすでに859人も発症している(国立感染症研究所調査、6月28日現在)。

東京大学医科学研究所は9月4日に、東京都文京区の東大本郷キャンパスの安田講堂で公開シンポジウム「パンデミック」を開く。... 登壇者は、インフルエンザ研究の第一人者である東大医科研の河岡義裕教授、世界...

「感染した子供はぴんぴんしていて、家の中で走り回ってることもある」と答えるのは国立感染症研究所主任研究官の安井良則さん。大阪で新型インフルエンザ感染の現場を見てきた。 感染者が出るとその家庭に...

製品評価技術基盤機構(NITE)と国立感染症研究所(感染研)は、兵庫県と大阪府の感染者から採取・分離した新型インフルエンザウイルスの全遺伝子塩基配列を解読した。その結果、兵庫県と大阪府での集団感染がほ...

国立感染症研究所感染症情報センターの安井良則主任研究官は26日に都内で開かれた記者説明会で、大阪・神戸で感染拡大した新型インフルエンザに関して「感染拡大の経路はまだ確定されていないが、病原性は季節性の...

国立感染症研究所(感染研)をはじめとする4機関に対し、新型インフルエンザ用の検査法の確立などを研究してもらう。... 感染研のほか、国立国際医療センター、理化学研究所、東京大学医科学研究所が実施する。...

製品評価技術基盤機構(NITE)と国立感染症研究所は20日、海外帰国者から見つかった新型インフルエンザウイルスで全遺伝子の塩基配列を解読したと発表した。... またNITEと感染研は解析に際し、新型の...

現時点で感染源は明らかではないが、今後、国内で感染者が増えていくことは間違いない。... 国立感染症研究所感染症情報センターの岡部信彦センター長は、16日の厚生労働省の会見でこう言い切り、すでに国内で...

国内の新型インフルエンザ感染の状況が第2段階に入ったことを受け、企業の対応は変化するのか。政府としては当面、事業者に対し活動の縮小などは要請せず、感染機会を減らす工夫を検討するよう求める方針だ。......

ブタ由来の新型インフルエンザの感染者が国内で見つかり、ウイルスの国内侵入が現実味を帯びてきた。... 専門家が口をそろえるのが「冬に流行する季節性インフルエンザの対策と基本的に同じ」(加藤茂孝理化学研...

厚生労働省は10日、国内初の感染者と同じ飛行機に同乗していた男子高校生が新型インフルエンザに感染したことを確認したと発表した。すでに感染が確認されている3人と同じ大阪府立高の生徒で、国立感染症研究所が...

今回の事態について理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センターの永井美之センター長は「国内にウイルスが入り込む事態は、想定していた当たり前のこと」と見る。... 一方、9日に厚生労働省で会見した国立...

応募147件のうち、三つの研究分野(環境・エネルギー、防災、感染症)で計21件を採択。... 【環境・エネルギー】[気候変動の適応または緩和に資する研究]▽アマゾンの森林における炭素動態の広域評価(石...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる